パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(毎日王冠&京都大賞典&凱旋門賞編)

わくわく


今夜の凱旋門賞に向けて早くもギンギン。
去年はゴール前で飛び跳ねた後に「あぁ~…あー!」なんて声にならない声が出たので今年こそ周りから苦情がくるくらい直線で叫びたいところ。


毎日王冠
◎ショウナンマイティ
このレース、昔からフルゲートか10頭前後の少頭数かと極端な数になりがちだが今年は少ないほうに出た。
ゴールドシップがジャパンカップを次走に選んでいるので天皇賞・秋が最大のGI奪取のチャンスだけに順調に前哨戦も戦いたい。
○エイシンフラッシュ
昨年の天皇賞・秋がいわゆるロウソクの消えかかる寸前の…と思ってたら春はオルフェーヴルに肉薄し、香港でも3着。なぜかここへ来て好調キープ。
東京は得意だがこのレースには縁なくだったが休み明けでも維持していたら。
▲クラレント
勝ち鞍のほとんどをマイル戦で挙げていたが前走はダービー以来の1800以上で先行押し切り。別にこの血統で中距離がダメなわけはないよなぁ。
今回はメンバー強化になったがガンガン飛ばしていくタイプもいないし好位から競馬ができれば。
△エキストラエンド
クラシックでも期待された素質馬だったがやや勝ち上がりにてこずり1年かかってOP再昇格。新潟記念でも使うかな?と思ったけどここまで待った。
兄も似たような感じの成長曲線を描いたし、この馬もソロソロ重賞常連の仲間入りをしても。


京都大賞典
◎ゴールドシップ
ジェンティルドンナも入れて凱旋門賞4頭出しなんて見たかったけどそれじゃあ国内がスカスカになりすぎるな。せめてBCターフでも獲りに行けば?
GⅡでもよく見る相手が揃ったしウチパクがよほどバカしなければ普通に勝ち負け。
○アドマイヤラクティ
大崩れせず走っていたが目黒記念ではよもやの大敗。案外カンカン泣きするタイプなのかも。
一度、立て直してどれほど戻ったかだが定量戦でフラットな競馬なら再び上位を賑わせても。
▲デスペラード
芝でもダートでも直線まで死んだ振りをして突っ込んでくる追い込み馬だけに重賞クラスになるとなかなか突き抜けられない。
ただ、こういう負けても大したダメージにならない馬に乗る武幸は不気味なので気楽にマクリとかやりそう。
△トゥザグローリー
昨年の有馬記念で引退だろうと思ったら現役続行でそんなに種牡馬のアテがないのだろうか。
池添も春にフランス遠征までしてあの仕打ちだし、鬱憤晴らしに一発カマしてほしい。


デイリー杯2歳Sまでの成績
【6/102 ‐125870円】


凱旋門賞は続きを読むに>胴長熊猫
凱旋門賞
◎アンテロ
フランスダービー馬だがマイル路線に転向して再び中長距離に帰ってきた。父ガリレオでマイルはねーよなぁ。
ジャックルマロワ賞では不利があっても3着。1600よりはバラけやすいだろうし何せ騎手が。
○オルフェーヴル
昨年は勝ったと誰もが思った瞬間の悪夢。リベンジを期待したいが、前年2着馬が着順を上回って勝ったのはトニービンまで遡る必要があり前走のパフォーマンスを見れば惨敗はなさそうだが勝つまではどうか。
▲ルーラーオブザワールド
ニエル賞はキズナにハナ差及ばなかったが武豊が馬ごみを避けて外へ出す中、最後まで内にこだわり残り100から追い出してあの競馬。17頭立てで外を回せば届かないとわかっていて前哨戦を使ったならどちらが本番に近いレースをしたかは明確。
△メアンドル
ヨーロッパ賞は1位入線後に一度は降着したものの異議申し立てでやっぱり1着。日本なら絶対に起こらない事象。
有力馬が軒並み外枠に入ったのでこの枠から内埒スルスルフランス版が炸裂すれば。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク