パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(南部杯&府中牝馬S編)

与作


落葉のシーズンなので庭の木を剪定してとのこと。
小さなノコギリでキコキコやってます。


南部杯
◎エスポワールシチー
終わりそうで終わらない、シチーの馬らしいしぶとさ頑丈さ。
福山がなくなってから盛岡競馬を見る機会が増えたが、恐ろしいほど前残りがひどくて同じ左回りでも東京ダート1600のイメージとは真逆だった。差し馬がモタモタしてくれたら。
○ホッコータルマエ
絶対王者不在のダート路線だったが帝王賞で頭一つ抜け出した感はある。
ハタノヴァンクールが不覚を取り、ニホンピロアワーズがJBC回避の今なら負けられないがおまえ頭だと安いのが…。
▲グレープブランデー
フェブラリーSは勝ったがその後に出てこられなかったのがあって評価が難しい。
盛岡は差すなら外よりも内で我慢して捌いてくる馬でないと馬券に絡めないので勝ちたければ4角2列目までにはいたい。
△セイクリムズン
良績は1400以下に偏っているが今年のフェブラリーSで4着に来たし絶対ダメということもないはず。これまで岩田が乗ったら着外は1度だけだし何とか紛れてほしい。
四位を入れたら予想にならないんだよ。


府中牝馬S
◎アロマティコ
OPに挑戦しては4着、条件戦を勝ち上がって重賞に出てきては3着となかなか本賞金が稼げない困ったちゃん。GIだって3着があるわけだから力があるのはわかってる。
やや押し出されるような人気なのは気掛かりだけどソロソロ連対が欲しい。
○マイネイサベル
春は何が起こったのかと思わせる活躍ぶり。マイネ牝馬が高齢でも走るのはちょっと驚き。
得意条件なので人気なのは仕方ないが安田記念の走りができたら上位争いは必至。
▲ドナウブルー
ディープインパクト産駒と言うと後方から上がり最速で飛んでくる父そのままのイメージだがこの馬は先行タイプ。マイルを中心に使われていたがテンが速くて目標にされやすいので勝ち味に遅くなるのは仕方がない。
今回は同型不在でスローが予想されるし距離延長で楽になれば粘り込みも。
△スピードリッパー
前走はアッと驚く追い込みで2着に滑り込み。ファルブラヴ産駒とはいえ限度がある。
幸いケツ人気だしまた三浦が気楽に後ろからドカンを狙ってくれれば。


秋華賞までの成績
【6/106 ‐135470円】


かゆい>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク