パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(京都ジャンプS&京王杯2歳S&ファンタジーS編)

そういうキャラ


今週はずっと土日以外に地方でも重賞があったため、そのたびに『金沢で~大井で~門別で~』と言っていたら上司から「今週は土曜日が仕事だからな」なんて釘を刺される始末。
やだなぁ、土曜日を休みと間違えて競馬に行くなんて過去に1度しかないですよぉ。


京都ジャンプS
◎デンコウオクトパス
7頭とかなり少ない頭数ながらクセの強いメンバーが揃った印象。
ほぼ1年ぶりだった前走は強気に出していって最後にバテる休み明けらしい負け方でむしろよく走った。一つ叩いてメンバー弱化した今回ならマイペースで逃げてそのままも。
○カネスラファール
堅実に走っている割りにはあまり人気にならない関東馬。前走も期待していたけどここへの叩き台だったかな。
逃げ差しどちらでも構わないし相手なりに力が出せる馬なのでまさに連軸にピッタリ。
▲ニジブルーム
春の東京芝1600で1000万を勝ち上がる力があるのに障害に転向。平地力の違いで未勝利脱出にも時間を掛けなかった。
重賞初挑戦でもたいした相手はいないし実質未勝利戦と変わらないので連勝にも注意。
△メイショウヨウドウ
休む前は連続で1番人気に推されていながら結果が出せなかったが大敗を喫したわけではなく、人気になったことで慎重になりすぎた面があった気がする。
一息入れて少頭数の競馬がしやすい条件だしノビノビ走ってくれたら。


京王杯2歳S
◎ラブリープラネット
小倉2歳Sは最後にいい脚を使って差し込んだが3着。前残りの展開が厳しかった。
勝ったホウライアキコが次走でも走っていて例年よりもレベルが高かったと思えば唯一、差してきた脚が東京なら届いても。
○マイネルディアベル
珍しいナイキアディライト産駒だがディアブロだからタイキシャトルの同系と考えたら早い時期の短距離は問題なさそう。
母系がトニービン×ディクタスだし血統の地味さに騙されないようにしたい。
▲アポロキングダム
母のハチノヨウニサスといい「何だこれ」という血統だが中身は全部英語。キングマンボ×ストームキャットにダンチヒ×ファピアノ、世界の血統野郎も悶絶必至。
全日本2歳優駿でも目指したほうがいいような気がしないでもないがドバイで見てみたい気もする。
△ルミニズム
新馬戦を勝ったばかりだが重馬場のなか好位で折り合って最速上がりにまとめて差し切る内容で、サンデー系の競馬らしい競馬だった。
いきなり重賞で苦しいかもしれないが内枠を引けたし後藤なのも魅力。


ファンタジーS
◎グランシェリー
なかなか決め手になる要素が乏しい2歳戦ですが輪をかけて難しい牝馬限定戦。何しろ気難しいお年頃。
ダートで逃げ切り芝の中京2歳Sでは上がり最速で差し切り、器用なところを見せているし枠も内側なら楽に競馬ができるはず。
○フクノドリーム
おいコラ親父!(笑)
息子が若い娘とイチャイチャしてたからちょっと味見しちゃったみたいな、みたいな?みーたーいーなー!?
NTR…そういうのもあるのか!
▲テイエムチュラッコ
あまり中央場所では実績のない九州生産馬ですが、母のテイエムチュラサンはスプリント路線でバリバリ活躍していた馬だし父よりも母に似ているなら短距離的なスピードも納得。
あとは一般勢に混じってもハナに行けるかどうかで、現状は時計に注文が付きそうなので速すぎない展開なら。
△ノボリレジェンド
今年も外人騎手が出稼ぎに来る季節がやってきたか…。秋~冬ってのがまた東北の兼業農家っぽい。
京都の芝は常に前が有利の馬場状態だったし、逃げて勝った馬よりも差してきた馬の方を評価したい。


JBCデーまでの成績
【8/117 ‐145870円】


ある>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク