パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(東スポ杯2歳S編)

ガス欠


車のガソリンが少なくなっていたけどウインズまでなら保つだろうと出掛けたら暖房を入れているせいか予想以上に減ってしまい、直前で給油ランプが点灯。
慌ててスタンドに入ったもののハイオクになったマイカーは満タンにするとお釣りがほとんどないため馬券を買うお金を下ろすために今度はコンビニを探して朝から右往左往。


東スポ杯2歳S
◎デルカイザー
藤沢和厩舎のキングカメハメハ産駒で兄が重賞ウィナーで騎手が内田博でもこの人気。
新馬戦は1・2着が500万にメドを立てていて福島での未勝利戦も負けた相手が500万勝ちでレベルが高かった。一息入れてキッチリ仕上がった前走は見れる脚を使っていて、6月にデビューできる馬だし完成するのも早そう。
○イスラボニータ
新潟2歳Sはまだ半信半疑なところがあったが、いちょうSでは好位から差し切って自在性も身に付けているところを見せた。
父フジキセキでもサダムパテックが出ているし母父コジーンも東京向きなので2勝馬の意地を見せたい。
▲ワールドマッチ
デビュー戦から徐々に距離を延ばして2000になった前走で初勝利。父コンデュイットらしく長距離型かも。
ただ新馬戦はマイル戦で上がり最速タイ、母のパーフェクトマッチは2歳戦でオープン2着もあった早熟タイプだし人気はないが見せ場くらいなら。
△ウインマーレライ
東京、福島、中山と異なる競馬場で常に上位の上がりを使える器用さがありマツリダゴッホ産駒は来年以降も警戒が必要。
特にケチを付ける要素は見当たらないが重賞勝ちのない丹内と高木厩舎というのが引っ掛かる。


エリザベス女王杯までの成績
【9/122 ‐156470円】


一つ曲がり角、一つ間違えて>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク