パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ジャパンカップ編)

晩秋


朝晩はめっきり冷え込んで冬らしさが感じられるようになったのに日中は着込むと汗ばむ陽気で、出かける際には上着を羽織るか厚い長袖一枚にしようか悩む暑がり。


ジャパンカップ
◎ジェンティルドンナ
海外の一線級が来なくなって久しいが日本馬のレベルもかなり上がってきているし無理にGⅢレベルを呼ぶくらいならオルフェーヴル・キズナにエピファネイアとジャスタウェイとメイショウマンボが出走してくれれば少なくともBCクラシックよりは権威のあるレース(っぽく)なるし、盛り上がると思うけどなぁ。
それでも海外馬を集めたいなら個人的な案としては天皇賞秋と時期・距離を入れ替え、香港Cの経由地と割り切って開催するとか。
あ、ムーアがやらかさなければ普通に勝ち負け。
○エイシンフラッシュ
天皇賞・秋はジェンティルドンナがあまりにスタート良く出ていってトウケイヘイローに絡んだ関係でみんなが追い掛ける展開になってしまい、中団にいたジャスタウェイにブッコ抜かれてしまった。
今回は逆に逃げ馬不在で穴所が追い込みたい馬ばかりなのでスローで先行すれば毎日王冠の再現も。
▲アドマイヤラクティ
アルゼンチン共和国杯でも期待していたが最後にアスカクリチャンに内を掬われて2着。やっぱり東京なら走る。
メンバーのレベルが低いと言われてもGI馬とそれ以外の馬に壁があるように感じられるので割って入るを越えてブチ破れるか。
△ルルーシュ
古馬になって以降、馬券に絡んだのは東京か北海道シリーズだけという藤沢和厩舎らしい馬。
東京であれば1800~2500まで幅広く走るのであとはGIでも通用するか。この厩舎が外人ではなく福永に託した辺り、ちょっと外人騎手の手腕を疑問視しだしたのかも。


京阪杯までの成績
【9/126 ‐166070円】


パンツが湿る>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク