パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(阪神JF&カペラS編)


この馬券


朝、ウインズのゴミ箱の付いた机でマークカードを塗ってたら地見屋の爺さんがゴミ箱を漁って馬券を調べていたが全部ハズレだったのか舌打ちしてどっかに行ってしまい「出すのは勝手だが自分でゴミ箱に捨て直せよ…」と片付けようとした馬券の束の一番上にあったもの。恐らくレープロで昨日の結果ばかり調べていたから気付かなかったのだろう。
折り目が付いていたので破損馬券になるかな?と払い戻してみたら普通に24440円。ちょっと地見屋をやりたくなる気持ちがわからんでもない初冬。


阪神JF
◎ハープスター
ホウライアキコとどっちが1番人気になるか見ていたがやっぱりこっちが1番人気だったか。ディープインパクトとヨハネスブルグの比較では分が悪いわな。
新潟2歳S以来なのが引っ掛かるが、5着のマーブルカテドラルを物差しに考えたら頭一つ抜けている印象を受けるし仕上がっていれば外を回しても間に合う今の阪神なら。
○モズハツコイ
2歳馬ながら早くも7戦目。ききょうS、デイリー杯2歳SでコケながらファンタジーSで巻き返してきて、伊達にOPで1番人気に推されてないなと。
阪神JFが得意なクロフネ産駒でファンタジーSチョイ負けして人気を落とした馬を狙うのがセオリーだし外枠を克服すれば。
▲フォーエバーモア
デビューから2連勝ですが、ちょっと別路戦からの参戦ということで人気は少しなさげ。左回りにしか経験がないのもマイナス要素でネオユニヴァース産駒の牝馬に一流馬が出ていないのも気になるところ。
それでもサンデーレーシングで鹿戸厩舎だしGIで好走する下地は備わっていると思うのだが。
△マジックタイム
スタートに難があるのか3戦してすべて最後方からブッ込んでくるイケイケギャル(古)。宮崎でも杉原でも勝ち負けできる末脚はたいしたもの。
今回も後ろから一発狙いだろうから早めに仕掛けていく馬がペースを上げてくれれば。


カペラS
◎スリーボストン
この馬、前にこのレースで穴を開けなかった?と調べてみたらスリーアベニュー。スリー違い。
室町Sを勝って前走で負けて5番人気前後というボストンハーバー産駒なんて、まさに穴を開けますよと言っているようなものなので前走大敗も度外視。
○ティアップワイルド
年に一度のお楽しみ、中山ダ1200のティアップワイルド。
休み明けは行きっぷりもイマイチだったが前走の武蔵野Sで行き脚も久しぶりに付いてズルズル後退の理想的敗戦。無事に人気も落ちたし気楽に前々勝負で粘ってくれたら。
▲ケビンドゥ
3歳時はモタモタした感じだったが、夏にキッカケを掴んでから安定感が出てきて5着に負けたレースもキモンレッドとコンマ1秒差だから本格化の兆し。
ダート路線は出るだけでも大変な大混雑ぶりなのでうまく賞金を加算したいところ。
△セイクリムズン
いや、しぶとい。
地方交流重賞じゃないと付いていけないと思わせながらプロキオンS2着があり、JBCスプリントでも3着に滑り込むなど老いてなお盛ん。背負うのは仕方ないが中央重賞の流れにも戸惑わなければ十分やれる力は残っているはず。


朝日CCまでの成績
【9/131 ‐178070円】


天からの贈り物>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク