パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(中山大障害&ラジオNIKKEI杯2歳S編)

年末進行


ボーナスも無事に出たし3連休だし有馬記念だしとほくそ笑んでいたら『注文が間に合わないから休日出勤して(ハート)』
ぶっ飛ばすぞコラ(´;ω;`)


中山大障害
◎アポロマーベリック
マジェスティバイオが予後不良、オースミムーン・テイエムハリアーが回避したりしてGIというかOPと大差なくなった感は否めない。
それだけに大差ないならそれなりの馬ならば一発やってしまう可能性もあるし、前走の中止が隠れ蓑になって人気が落ちれば気楽に走れて上位まで。
○バアゼルリバー
この路線、唯一の安定勢力であり良心。頭まで突き抜けられないけど掲示板は外さない能力はさすが。
最近で大敗したのが中山GJだけに大一番に弱いフジキセキが引っ掛かる以外は捨てる要素がないのでとりあえず拾う。
▲メイショウヨウドウ
未勝利を勝ったあとはステイゴールド産駒というのが世間に信頼感を得ているのかずっと人気になっていますが、一部の産駒を除けばピンかパァのタイプが多いわけだからむしろこの馬のほうが正統派。
ようやく上位人気病から解放されてきたのでソロソロやってほしい。
△エアペイシェンス
このところ順調に使えず休み休みになりますが過去にはオースミムーンに勝った馬でアサティスボーイの3着もある実力馬。叩き3走目で体ができていれば父ダンスインザダークだし平地の脚もあるのでできればもう少し人気が落ちてくれないかな…。


ラジオNIKKEI杯2歳S
◎デリッツァリモーネ
萩Sは小倉で勝ち上がったのを軽視されて人気はなかったが1番人気のレーヴデトワールと同じ位置から差し切ってみせた。
メンバーが更に強化されて1ハロン延長と課題は多いが母もクラシックに乗れそうで乗り切れなかったしOPまでの壁を破りたい。
○モンドシャルナ
新馬戦はありがちなスローを後方から動いてマクリ一発。重馬場であれだけ動かす辺りがネオユニヴァース牡馬産駒らしい。
あれを見ても切れ味勝負は分が悪そうなので、適度に時計の掛かる阪神なら新馬戦の再現も。
▲シンガン
父のインビシブルスピリットはグリーンデサートのダンチヒ。母はチーフズクラウンからのダンチヒ。3×3。
こんな血統800mでもバテそうなところにミルリーフ。キレキレの追い込み馬にしたいのかパワフルな先行馬にしたいのかわからない血統がステキ…実はこの馬はPOGりんで指名したかったが謎男氏と被りそうでやめた1頭。
△マイネルフロスト
札幌2歳Sでは1番人気に推されたものの3角マクリ不発で5着。勝ち馬のレッドリヴェールが阪神JFを持っていったし隠れハイレベルレースかも。
3ヶ月ぶりになるのと高木厩舎がまだ重賞未勝利なので頭までは疑問だが過去にも休み明けで馬券に絡んだ馬もいるので。


全日本2歳優駿までの成績
【9/136 ‐188270円】返還1800円


メリーガッデム>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク