パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(AJCC&東海S編)

薄い


いま使っている財布は数年前に大学の先輩の結婚式の引き出物としてカタログから戴いたものなのですが、長年ケツポケットに入れて使い続けたせいで僕のケツラインと同じ曲がり方をしてしまい、車を運転してピタッと張り付くと「あっ、財布を持ってない!?」と勘違いしてはポケットに手をやり「いや、あるわ」を繰り返すことしきり。


AJCC
◎ダノンバラード
宝塚記念2着で秋のGI獲りも期待されましたが、先行馬には厳しい流れのレースが続いてしまい結果は出ず。
かつて有馬記念を叩き台にこのレースを連覇していたネヴァブションみたいなのもいるし、中山マイスターの後藤がうまく乗ってくれれば。
○ヴェルデグリーン
オールカマーでは見事な追い込みが決まったもののさすがにレースレベルが上がると簡単には展開が向かないのも事実。やはりGIを勝つには一工夫いる。
長くいい脚を使えるのはわかっているのであとは自分から動いて勝ちに行く競馬ができるかどうか。
▲ダービーフィズ
クラシックには乗れそうで乗れないもどかしい競馬ばかり。この厩舎はもっとゆったりと言うか長いスパンで馬作りをすべきじゃない?何とかGIに出すためだけに行き当たりばったりな使い方をしているように見える。
結果うんぬんよりここがダメでも日経賞とかハンブルグCとか目標を決めたローテで行ってほしい。どうせ春天フルゲートにならないんだから。
△コスモファントム
中山金杯では最後の直線であわやの手応えを見せて一瞬、勝つんじゃないかとヒヤヒヤした。坂を上がったところで脚が止まったけどだいぶ具合もよくなってきているし人気もないからもう一回ドキッとさせてほしい。


東海S
◎サトノプリンシパル
前走の東京大賞典は無謀と思われたがけれんみのない逃げで1秒差。もっとバテバテになると思っていたので意外だった。
今回は脅威になりそうな同型が見当たらず、好位・差しタイプが人気馬に多いのでスローペースに持ち込めばしぶといはず。
○ニホンピロアワーズ
JCダートでのレースぶりから上昇カーブを描いた前走だったが叩き合いに破れて3着。思い通りの展開に持ち込めただけにちょっと悔しいところ。
川崎記念を使わずこちらに回るのもベルシャザールが最優秀ダート馬に選ばれたのが影響してそう。フェブラリーSへ向けて好発進できるか。
▲グラッツィア
先行したほうがいいけど逃げると脆い、差しに回ると自分で動けば甘くなり蓄めると弾けない。かなり気難しい馬のようだが、ベルシャザールに勝てるだけのポテンシャルは秘めていて父もキングカメハメハなんだから一発あっても。
△マイネルバイカ
ローカルダート1700では日常茶飯な向正面マクリで勝ち上がってきたが、上のクラスでは先手を奪って押し切る形のほうが合っているみたいなので強気に出していけば。
ペースが速くなったら落としてマクリに切り替えていけたらどちらでも対応できそう。


京都牝馬Sまでの成績
【0/7 ‐16800円】


買い換えかなぁ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク