パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(共同通信杯編)

結局


アイスホッケーだけ見てオリンピック終了。
メダルは多かったけど大会前に騒がれていた選手がイマイチで、メダルを取ってニュースで取り上げられてから「誰?」ってなる選手がいたりして本番一発勝負は何が起こるか分からない怖さがある。
あと開会式の四輪ネタは「足りない一輪は足下の地球です」あたり言っとけば丸く収まった気がするけどどうかねプーチン君?


共同通信杯
◎イスラボニータ
東スポ杯2歳Sを勝ちながら朝日杯FSやラジオNIKKEI杯には目もくれずここへ。かなりダービーを意識して東京コースにこだわっている。
他の人気馬と違って番手から高速上がりを使えるのは強味でチンタラしたスローになれば早め先頭からアッサリも。
○ガリバルディ
ディープインパクトで藤原厩舎ということから人気を集めていたが、今のところは兄たちと同じ決め手に欠ける切れ味タイプ。あまり後ろで溜めても終わった頃にしか届かない。
そういうことでは悪い意味で冷静な福永より浜中のほうが野心は強そうなので仕掛けていく競馬ができれば。
▲マイネルフロスト
完全な前崩れになったラジオNIKKEI杯2歳Sで先行勢唯一、一桁着順に踏ん張り2勝馬の意地を見せた。
引き続きメンバーは強力だが札幌2歳Sでは1番人気に推されていた馬だし父もブラックタイドで血統的にはディープインパクトと同じなので前有利の流れになれば。
△ローハイド
POGりんで指名するかどうか最後までメイショウチギリと迷った1頭。マツパク厩舎でなければ指名していただろうからちょっと危なかった。(伊藤さん4位指名だから取れたっちゃあ取れたがウェーバー勝ちでは意味が無いのだよ)
負けたときはたいてい逃げ馬が残る展開で、母系がサドラーズウェルズ×ミルリーフだけに長くいい脚が使えるダンスインザダークに近い馬なので最後まで追えば馬券圏内まで。


フェブラリーSまでの成績 1/19 ‐39610円】返還1800円


次は山本昌…じゃなくて平昌か>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク