パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(アーリントンC編)

明日に羽ばたけ若武者達


今週から新人ジョッキーがデビューということで早速見慣れない名前が出馬表にもチラホラ。
しかし苗字だから仕方ないとはいえ「義」とか「松若」の二人はウイポなら確実に成長Sのイメージなので過剰に期待してしまいそう。


アーリントンC
◎ミッキーアイル
シンザン記念は最初からマッチレースのような展開になり最後は半馬身差まで詰め寄られたが振り切って1着。3歳重賞には珍しい流れだった。
普通ならディープインパクト産駒だし弥生賞あたり使いたくなるところだが、マイル路線一本に絞ったローテで本気度が感じられるし普通に走ればここも勝ち負け。
○タガノグランパ
シンザン記念こそ上位2頭に水を空けられたものの、前走のなずな賞でキッチリ500万を勝ち上がりフロックの3着ではないところを見せられた。
再び重賞挑戦だがメンバーは少なくなって捌きやすくなったしキングカメハメハ産駒なら1ハロン延長も問題ないはず。
▲エイシンブルズアイ
父のベルグラヴィアは馴染みのない種牡馬だがゴーンウエストからくるミスタープロスペクター系。現役時代にはこれといって実績のない馬で、リアル「このネコどこで拾ってきたの?」馬。
仕上がりと完成が早く、賞味期限が短い血統なので人気だけど押さえておいたほうが良さそう。
△マキャヴィティ
出遅れ癖がある馬で地方遠征の2回とも後手を踏む形になって2・4着。まともに出ていればもう少しやれたはず。
ダートが隠れ蓑になっているがダリア賞を勝っていて父デュランダルなら芝のほうがいいだろうからうまく取り付いて行ければ。


共同通信杯までの成績 1/20 ‐42010円】返還1800円


流とか三条兄妹とか>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク