パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(中山記念&阪急杯編)

長考


このところまたファミコンの推理モノにハマってしまい、西村京太郎サスペンスシリーズをやりすぎたせいかニュースの事件を聞くたびにカメさんになりきって「現場に行かなきゃ」という気分に。


中山記念
◎トウケイヘイロー
香港Cはちょっと敷居が高いと思ったがギリギリまで粘り通して2着。マークされない展開も良かったが天皇賞・秋の結果を意識しすぎた。
今回は開幕週ということで馬場は向くだろうが確実にマークされる展開になるのは間違いないのでペースが速すぎなければ。
○カレンミロティック
重賞勝利で勢いに乗って挑んだ有馬記念はオルフェーヴルに早めに来られる苦しい展開。それでも2着とは離されずに頑張ったし力を付けているのは間違いない。
前で競馬はしたいが逃げるまではしたくないタイプだから番手から一緒に傾れ込めたら。
▲ヴェルデグリーン
AJCCでは少し懐疑的に見ていたが問題なく快勝。中山2200はやっぱりリピーターが走る。
2ハロン短縮で同じ競馬をできるかが課題だがハイペースになりすぎて前崩れになれば台頭も。
△マイネルラクリマ
前走は久々のマイル戦に戸惑ったのかいつもの先行力を活かせず後方まま。2000路線にシフトしたのに何で中山金杯のほうを使わなかったのかやや首をひねる結果に。
これまで中山実績が無かったのが気になったなら何で今になってこのレースなんだと問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。


阪急杯
◎コパノリチャード
昨秋はGI戦線を賑わす逃げを打ちまくり予想屋を多いに悩ませたが、どうやら今年も1200~1600ではこの馬の取捨から考えることになりそう。
アーリントンCのミッキーアイルと同じような競馬をすればリプレイを見せられそうなので、捕まったら仕方ない逃げを期待。
○ガルボ
もうこいつをどこで買えばいいのかサッパリ分からない。とりあえずステイヤー種牡馬の産駒は前哨戦までというのが持論。
3番人気で買うような馬でもないと思いつつ押さえると簡単に飛ぶような気もしつつ無理やり買う感じ。
▲カレンブラックヒル
あの3歳の強さは帰ってこないのか…。まぁバカみたいにフェブラリーSに出たのが運の尽き。
デビュー戦から馬体重があまり変わってないし成長力に疑問は感じていたが休み明けでどんどん減ってるのはまずかろう。たぶんプラス10キロ前後で出てくるだろうが功を奏すか裏目…いやこれ以下はないか。
△プリムラブルガリス
昨春には1000万→1600万をオースミナインやオリービンを相手に連勝していた馬。OPは休み明けから結果が出ていないがこんなものではないはず。
2つ叩いて上向いて来ているだろうしロードカナロアが引退したところだからニューヒーローに期待したいが父フレンチデピュティってのがなぁ…。


アーリントンCまでの成績 1/21 ‐44410円】返還1800円


寝台急行がデフォに>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク