パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(オーシャンS&チューリップ賞編)

バチバチ


普段、仕事で点検や整備は自分でやっているものの修理は業者や上司にしてもらっていて、下手に触って悪化させないようにしているのです。
ところがたまたま故障が重なって手が足りなくなったので「まぁ、1人で何とかするか」と解体して調べて溶接して組み立て直したら治ってしまい。
何事もなく動いているから黙っているが、果たしてアレで良かったのか…?


オーシャンS
◎ハクサンムーン
スプリンターズSではロードカナロアに及ばなかったが、素直に相手が悪かったと考えるしかない。
阪神CやフェブラリーS辺りには色気を出さず1200路線に絞って出てきているし、休み明け・負担重量・同型多数と不安要素は多いがそれらを蹴散らす走りができるはず。
○アースソニック
これまでは走破時計に限界のあるスプリンターだったが京阪杯で1分7秒台を出して重賞勝ち。自身の殻を破った感じ。
前走は逃げて潰れたし、できれば番手から行きたい馬なので逃げ馬が多い今回は理想の展開になるかも。
▲レオンビスティー
シルクロードSでも印を打ったが先行勢の中で一番ズルズル後退してしまいちょっと失望。
重賞のペースに付いていけなかったのは気になるが、今回人気のスマートオリオンに2度とも完勝しているわけだし得意の舞台に戻って巻き返すか。
△ツインクルスター
ハナを切ればしぶといが番手以下からだとサッパリという極端型。江田照騎手も何度か差しを試したりしているが芳しくない。
外枠から逃げ馬を見ながら先行できるので、いきなり逃げるよりは出方を見てペースが落ち着くタイミングで仕掛けてハナを奪えれば。


チューリップ賞
◎ハープスター
阪神JFはほとんど勝ちに等しい内容だったが2着は2着。タラレバは禁物だが悔いが残る結果。
仕切り直しの一戦になるがライバルが直行を決めているし、前哨戦でしっかり助走を付けて桜花賞へ向かいたい。
○ブランネージュ
シンボリクリスエス×フレンチデピュティらしい切れ味は遥か昔に捨ててきた配合。関東オークスで是非買いたい。
前々勝負で粘り通せばハイペースでも問題ないタイプだろうから強気に逃げ馬を捕まえに行く競馬をしてほしい。
▲マラムデール
紅梅S、エルフィンSといい競馬をしてはいるが決め手に欠けるタイプで、やや父似に出ているかも。
それでも母はこの時期に重賞を連勝していたフサイチエアデールだし血統的には一発あっても驚かない。
△ヌーヴォレコルト
デビューからずっと1600を使い続けていて、前走も関東馬ながら中京に遠征してまでマイルにこだわる辺り並々ならぬ意気込みを感じる。
強い馬が1頭いるが直線勝負になれば見劣りしないハーツクライ産駒でもあるし、揉まれない外枠もプラスになれば。


中山記念までの成績 1/23 ‐49210円】返還1800円


ほうれんそうは事後報告>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク