パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(弥生賞編)

強かった


昨日のハープスターは「何じゃそりゃ」と惚けるくらい別次元の脚を使って楽勝。先週のメイン重賞がどちらも逃げ切りだったからあの位置からだと差し切るのにてこずると思ってたのに一瞬で突き抜けて。
あれを見せられたら如何に阪神JFが酷い騎乗をしていたのかがよくわかる。降ろされなくて良かったね川田。


弥生賞
◎ワンアンドオンリー
新馬戦が最低人気だったのを皮切りに凡走があるとすぐに人気が急落する馬。重賞勝ちがあってもまだ3番人気。東京での切れ味勝負だと分が悪いようで、同じハーツクライ産駒でも違うものだなと。
ある程度、時計が掛かる芝が条件になりそうなので消耗戦になれば。
○キングスオブザサン
試金石として見ていた京成杯は勝ち馬と同じような位置から差してきたが2着。腐ってもサンデー系とチチカステナンゴの差が出たような結果だった。
再び中山2000でメンバーも揃ったが、スローのヨーイドンにはならないだろうし中団待機から遅れないように仕掛けたい。
▲イタリアンネオ
中山1800→東京1600で2連敗したのに何故か同じ条件を使って2連勝。弱点を克服したいのかオールマイティなのか。
今回は1ハロン延長だが昨年もミヤジタイガ、過去にもロジユニヴァースやヴィクトワールピサが好走しているネオユニヴァース産駒だし歓迎のクチかも。
△サトノロブロイ
快速タイプが揃っていた朝日杯FSは出負けしたが、1800以上なら先行して押し切るだけのパワーがある馬力型。母系のフォーティナイナーが強く出ている影響かも。
大外枠に入ったが遮二無二逃げたい馬は見当たらないし楽に先手を取り切れば粘り込みも。


チューリップ賞までの成績 1/25 ‐54010円】返還1800円


ここでは切るけど>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク