パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(中山牝馬S&フィリーズレビュー編)

そんなものが


土曜日は買い物ついでにパルス藍住に寄って1レース買ってから店に行くことが多いのですが昨日は電気そのものが付いてなくて「あれ、開催無かったっけ?」と調べたら高知競馬どころか地方全体お休み。
やっぱり東北大震災に配慮したのかな?と思ったけどシステムメンテナンス。そりゃ配慮するなら当日だよなという話。


中山牝馬S
◎アロマティコ
GI3着が2回あって実力は認めるところなのだが、不器用な追い込み型がアダになってなかなか勝ちきれない。最近の佐々木晶厩舎はこんなのが多い気がする。
再び小回りの1800だが今度は最後に坂がある分、もう一押しが利くかもしれないので頭まで突き抜けられるか。
○ノーブルジュエリー
父スマーティージョーンズはケンタッキーダービーを勝った中距離型だったがこの馬は1400・1600を得意にしていて、祖父のイルーシヴクオリティに似ている感じ。
割と早熟な父系を重厚な母系が支えていい感じにマッチしているので1800までならこなしても。
▲トーセンベニザクラ
このところは目立ったレースこそなかったが、ダートに挑戦したアレキサンドライトSを除けば大敗は少なくこの馬なりに走れている。
前走は東京1600で勝ち上がったがフェアリーSを勝っていて中山がダメということもないし人気薄で怖い江田照なら一発まで。
△ノボリディアーナ
この馬、ノボ・リディアーナでノボトゥルーとかの馬主さんの持ち馬だと思ってたけどノボリ・ディアーナなのね。
前走は差しに回ってみたがパッとせず、やはりフレンチデピュティらしくドカドカと先行して行くほうが良さそうなのでテン乗りの横山典がどう捌くか。


フィリーズレビュー
◎ホウライアキコ
阪神JFでは今までどおりの先行をして押し切りを狙ったものの差し馬組の末脚に屈して7着。芝向きの血統ではないだけに上がりが速くなるとやはり無理が来る。
それだけに本番で戦うには溜める競馬を試したいが、ライバルが実力を見せ付けてチューリップ賞を勝っただけにあまり前哨戦っぽいレースにはしたくない。
○ダンスアミーガ
サクラバクシンオー産駒にしては珍しく軽快な逃げ足よりスパッと切れる差し脚があるというタイプ。それでいて馬群を苦にしない小脚を使えるのでかなり器用。
こういう馬は内枠で我慢ができれば抜けてくるのは確実なので、デムーロ兄を鞍上に配して必勝態勢で水を空けられるか。
▲エスメラルディーナ
新馬戦はダートで圧勝してイメージ通りのアメリカ血統だと思ったらジュニアCでもスンナリ番手から抜け出して完勝。完成の早いストームキャット系らしい融通さを見せた。
今回は更にメンバー強化でトライアル戦になって今までどおりの競馬をしにくくなるが、ダート血統の馬がたびたび馬券に絡むレースでもあるので。
△アドマイヤビジン
ファンタジーSで後方からになったのが幸いして追い込みの競馬でOP勝ち。何が良いほうに転ぶかはわからないもの。
かなり長く脚を使える馬なので逃げ馬が揃った今回は大外枠とはいえ展開が向きそうな気配なので腹を括って直線勝負。


中日新聞杯までの成績 1/28 ‐61210円】返還1800円


黒船賞は夜中にやれ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク