パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(フラワーC編)

開幕


春のセンバツ高校野球が始まって心なしかウキウキしてしまう季節がやってまいりました。
広島新庄が我らが広島から出場していますが、僕が現役時代の思い出といえばライパチレギュラーの米ちゃんが広島新庄との練習試合で会心の当たりにホームランを確信して歩いてたらフェンス直撃のシングルヒットになってしまい、全力疾走を怠った懲罰交替になってしまった笑い話を思い出す。


フラワーC
◎ショウナンパンドラ
ディープインパクト産駒の切れ味型で、ここまでは常に上がり上位の末脚で伸びてきている。エルフィンSも行った行ったで決まりそうな中を2着に割って入り、牝馬同士ならOPでも問題ない所を見せられた。
中山に替わる今回は小回りに対応できるかが課題になるが母父フレンチデピュティならこなせるはず。
○チョコレートバイン
関東馬ながら京都でデビューして新馬戦勝利からOPでも3着。また後ろからスローをドカンではなく、番手からサッと並んでいく父らしくないお上品な競馬をする。
武豊が連続して乗っているのも何かありそうだし、本番での台風の目に伸し上がる可能性も。
▲ニシノアカツキ
未勝利戦を勝ち上がったあとは500万で2戦して惨敗。もう少し時間がかかると思ったら重賞で上がり最速を連発して2・3着。中山と東京の両方で計時したのは価値がある。
オペラハウス産駒なら渋った馬場でも苦にせず走るだろうし、午後になっても馬場が回復しなければ。
△ホクラニミサ
新馬戦からの2戦は負けた相手がパシフィックギャルとダウトレスでいずれもOPクラスにいる馬なのでやむなし。減っていた体重も放牧でしっかり増やし、休み明け2戦目で順当に勝ち上がり。
ここへ来て身が入ってきた印象を受けるし500万と大差ないメンバー構成ならいきなり重賞でも。


中山牝馬Sまでの成績 1/30 ‐65010円】返還1800円


当時は笑えなかったが>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク