パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(阪神大賞典&スプリングS編)

俺も開幕


今年も草野球シーズンが到来して参加を決めたものの、日頃の不摂生は正直に衰えを生んでおり少しランニングしただけで息切れし、バッティングセンターで4ゲームほど打っただけでふくらはぎがピクピクするので勝ち負け以上に体が心配。


阪神大賞典
◎ゴールドシップ
昨秋は京都大賞典・ジャパンCと見せ場なく終わり、引退も囁かれる中で有馬記念3着。オルフェーヴルに歯が立たなかったが何とか面目は保った。
今年も現役続行だが阪神コースでは崩れていないし復活に向けてうまく再始動したい。
○タマモベストプレイ
そろそろマイル路線で見たい馬だけど距離短縮はいつでもできるので飽きるまで長距離路線を使ってくれたら。
毎年あまり見慣れない種牡馬の仔が走るレースなのでフジキセキでもスローの瞬発力勝負になれば。
▲バンデ
サトノノブレスも気になるけど両方を押さえるとトリガミ必至なので。
逃げ馬不在で単騎逃げが見込めるが突如として逃げる馬が出てくるだろうからハナを死守するのか譲ってバンデじゃない…番手から行くのか。
△エーシンミラージュ
クロフネ産駒ながら2000以上を使われていて前走が初めてのマイル戦。1年ぶりを考慮すればまずまずの内容。
重賞はダイヤモンドSで経験したが、流れに乗り切れなかったので短距離を使った効果が出てくれたら。


スプリングS
◎アジアエクスプレス
ダート替わりでも楽しみと思っていた朝日杯FSだったが問題なく快勝。全日本2歳優駿に出ていても恐らく勝てただろう。
一冬越してクラシックだがマイラータイプの馬でもこのレースでは好走するので底が割れるまでは軸にしてもいい。
○ベルキャニオン
母の子供5頭はすべてOPクラスまで出世してうち2頭が重賞勝ち。カーリアンが祖母に入るが日本にかなり根付いた。
ここまでは2着が多く、詰めの甘さツキの無さを見せているが最強の1勝馬という称号もあるので権利まで。
▲クラリティシチー
後ろから行くと前残り、先行したら前崩れ、それでも3着は外さないしぶとさは母系のオジジアンが効いているお陰かも。
今回はどちらから行くのか難しいが重賞メンバーに見劣りしない戦績なので、意外と重賞のほうが走りやすいかも。
△マイネルアウラート
新馬戦を勝ったが2歳戦ではあまり芳しくなく、マイネルにありがちな仕上がりが早いだけという馬だった。
年明けから少しずつ力を付けてきてようやく500万を卒業。前で踏ん張る脚が出てきたので上位を脅かす先行ができれば。


ファルコンSまでの成績 1/32 ‐70210円】返還1800円


特に帰りの運転>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク