パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(日経賞&毎日杯編)

好発進


プロ野球もいよいよ開幕して胃の痛い日々が始まりましたが、我らがカープは延長戦を制して開幕戦を無事勝利。中日は川上が先発と聞いたときには嫌な予感しかしなかったがとりあえずマエケンで落とさなくて良かった!


日経賞
◎ウインバリアシオン
長期休養から帰ってきたときは半信半疑な部分もあったが金鯱賞→有馬記念を連続好走。ブランクを感じさせない走りを見せてくれた。
それを考えたら3ヶ月ぶりは気にならないだろうし、一昨年のこのレースを2着と実績もあるので天皇賞・春へ向けて弾みを付けたい。
○サクラアルディード
デビューからは血統を意識した使い方をされていたのが、ここ最近は坂のあるコースを得意だと見られて中山で3連戦。着順は別にせよ常に接戦にしているので時計が掛かる芝が条件になりそう。
ネコパンチのような逃げ馬がいなければ差し馬は1頭以上、馬券にからむので我慢して直線勝負。
▲ラストインパクト
今までは後ろから行くと甘くて、先行押し切りを信条としていたのが前走は父を彷彿とさせる一マクリ。小回りで短い直線を活かした好騎乗だった。
今回はメンバー強化で同じような競馬は難しいだろうが菊花賞4着とGI経験もあるので面食らうことはないはず。
△ダノンアポロ
重賞を勝ってから順調さを欠いてしまいポツンポツンとしか使えず。OP入り前は3着以内をキープする安定感があっただけに頓挫は痛かった。
さらに半年空いて相手も揃ったがオールカマーやAJCCでも4着はあるので一押しあれば。


毎日杯
◎ステファノス
しばらくはこのレースを勝ってもGIを勝てなかったのが昨年はキズナがダービーを勝って久しぶりのクラシックウィナー。
毎年のようにディープインパクト産駒が独占しているように、適度に上がりが掛かって差し有利になりやすい馬場が合いそうなので今年も注意。
○ラングレー
京成杯は日程がずれ込んだのと初めての重賞戦で後方からになってしまい競馬にならなかった。ゆりかもめ賞のように先行できればしっかり伸びる脚は持っている。
父はディープインパクトだが母系がストームキャット×ミスタープロスペクター×ヌレイエフなので芝での決め手が少し不安。
▲アズマシャトル
弥生賞は勝ち馬をマークする形で中団から進めていたが3コーナーで仕掛け遅れた分、掲示板までが精一杯。ラジオNIKKEI杯で先に動いたため差されたのを気にしていたかも。
皐月賞・ダービーに出るには2着以上が欲しいだけに今回は流れに乗っていけるか。
△ピークトラム
ミッキーアイルやホウライアキコらと接戦を演じているわけだから力がないわけではないだろうが、ここらがチチカステナンゴの限界点かも。
どちらかと言えば京都のほうが得意で坂のある阪神コースは不得手な口だが、相手なりに走る強味を活かして圏内まで。


スプリングSまでの成績 1/34 ‐75010円】返還1800円


今年もAクラスを頼みます>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク