パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(産経大阪杯&ダービー卿CT編)

すっかり遅く


先週、今週と田植えのために農作業をやっていたが、朝早くやってからウインズへ行こうと思っているのにその時間に限って土砂降り。
終わった頃に晴れ間。


産経大阪杯
◎エピファネイア
菊花賞はダービー馬キズナ不在ということもあって一本被りだったがアッサリ楽勝。できれば有馬記念でオルフェーヴルと対戦してほしかった。
この後は宝塚記念だろうが、ジャスタウェイとブッキングしたら福永がどちらに乗るか?いや、安田記念と使い分けるか?
○メイショウマンボ
キズナは?と聞かれそうだが確実にトリガミなので止むなく。
3強の中で唯一、古馬相手にGIを勝っているし、阪神コースもフィリーズレビューで実績がないわけじゃないので牡馬たちに一泡吹かせてほしい。
▲ショウナンマイティ
安田記念2着でGI制覇は時間の問題と思われたが、そこから歯車が狂い始めて迷走。順調さを欠いて前走も10着。
大事に使われると調子が上がらないタイプなのかもしれないが、斬れる脚はまだ持ち合わせていそうなので上がり勝負を仕掛け遅れなければ。
△フラガラッハ
もう買えそうな馬が見当たらない。
とりあえずカレンミロティックかビートブラックが玉砕逃げを打つだろうから追い込み一手のこの馬に展開が向いてくれるはず。


ダービー卿CT
◎レッドアリオン
GIを意識して後方からの競馬も試していたが、やっぱり先行して押し切る競馬が合うみたい。
前走からはやや間が空いたが中山1600は昨年のニュージーランドT2着など得意にしているし、有利な枠にも入れたので勝ち負けまで。
○インプロヴァイズ
ウォーエンブレム×サンデーサイレンスということで堀調教師も大物路線というか広いコースを中心に使っていたが、中山を使ったら簡単に勝ち上がられてしまい心中察する。
東スポ杯2歳Sや新馬戦でサトノノブレスの3着がある馬なので昇級戦でも格負けはしないはず。
▲カオスモス
約1年の休養明けは仕方ないが叩き2戦目にはOPでも好勝負をして、伊達にコパノリチャードと鎬を削ってはいない。
GⅢはすでに経験済みなのでペースの心配はないが、大外枠に入ってしまっただけに作戦に工夫が必要。
△プリムラブルガリス
阪急杯は後方から腹を括って直線勝負に出たがコパノリチャードがスイスイ逃げ切る展開だったしノーカウント。中団からの競馬でチグハグだったし無理をしてでも後ろからのほうが良さそう。
あとはBコース替わりだけにペース次第だが前崩れになれば台頭も。


高松宮記念までの成績 1/38 ‐84610円】返還1800円


にわか雨男>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク