パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(桜花賞編)

ふと


来日中の障害ジョッキー、エノンが減量失敗で騎乗停止。
ちょっと思ったのが「障害って58キロ以上が普通だから平地よりも重くていいのか?」、「それとも平地と関係なく50キロ前後をキープしなければならないのか?」
地元のルールを知らないから何とも言えないが、きっと日本のキッチリした規則を甘く見ていたか何かだろうなぁ。前者のほうなら言い訳すらできないが。


桜花賞
◎ハープスター
止むなし。
チューリップ賞を見ても昨年の阪神JFを見ても、真面目に考えず安全策で大外をブン回せば楽勝。ドバイのジャスタウェイ並の脚は見られるはず。
○レッドリヴェール
GI馬になったことで大事に使うローテを採用しただろうが、過去にそういう甘やかしでダメになった馬が多いし2番人気で買うようなタイプじゃない。
ただ、札幌2歳Sと似たような馬場状態になりそうな今回は適性の分、休み明けでも要注意。
▲マーブルカテドラル
阪神JFで5着に入り、アルテミスS勝ち馬なのに本番で繋がらないアネモネSを選択して差し損ねという陣営の弱腰が気に入らないが後方から大マクリをカマして坂で息切れしたのは感触として悪くなかった。
あとは田辺がフェブラリーSに続いて大物喰いをしてくれる一縷の望みに託したい。
△ヌーヴォレコルト
左回りだけを使われて初の右回り挑戦になった前走だったが、勝ち馬が異常なだけでこの馬だって中団からしっかり伸びていた。
ハーツクライ産駒だけに力のいる馬場でマクリ合戦になれば出番もありそうだし、西のGIなら穴は関西騎手が乗った関東馬というセオリーで狙ってみたい。


阪神牝馬Sまでの成績 1/42 ‐94210円】返還1800円


太いのもいい加減にしてほしいのねん>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク