パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(中山GJ&アンタレスS編)

ヒエッ


色々な会社で新入社員が毎日、奮闘していると思われますが我が社も数名を新たに迎えて研修の途中。
ところが機械の故障中に掃除をしていた際、チェーンに引っ掛かっていたゴミを取ろうとした新人さんが…!


中山GJ
◎アポロマーベリック
昨年の中山大障害は前のレースで落馬中止だったこともあって人気を落としていたがしっかり立て直されて快勝。自分も印は打ったが頭まで来るとは思っていなかった。
年明け緒戦のペガサスJでもスローを慌てることなく捕まえに行って勝っているし、ケイアイドウソジンが回避してまたペースは落ち着きそうなので今回も。
○オースミムーン
重賞連勝でGI獲りも見えた昨秋だったが体調が合わずに無念の休養。それでも5ヶ月ぶりになった前走は自分から動く競馬をして2着で完全に戻ってきたと見ていい。
あとは今までのように逃げるのか、前走のように好位に付けるのか鞍上の手腕が問われる一戦。
▲サンレイデューク
OPでは追い込んで一発まである脚を見せてくれるが、これが特別戦になると後方ままで終わることが多く相手が問題なのかペースが問題なのか。
とりあえず上位との差は否めないので勝負が決まったと思った頃に平地の脚でどさくさに紛れて着を拾えたら。
△セイエイ
こちらも後方からのマクリ型だが重賞レベルでも見せ場は作っており、中山大障害でも最終障害までの上がり方は慌てさせるのに十分だった。
昨年のこのレースでも僅差の5着まで来ていたし、大障害コース経験はメンバー中でも一番なので圏内まで。


アンタレスS
◎ニホンピロアワーズ
フェブラリーSは慣れないマイル戦にスローが重なる厳しい展開、いくらなんでも無理があった。
ダイオライト記念で簡単に巻き返して再び上昇気流に乗れたし、伸び盛りの上がり馬が多いメンバー構成だが実績を尊重。
○ナムラビクター
3歳時にはホッコータルマエとタメを張る力を見せていながら血統の字面が邪魔をして随分と遠回りをさせられた。
ようやく陣営も適性を掴んで使い始めたし今からトップレベル集団に追い付けるかどうかは微妙だが浦和記念には間に合わせたい。
▲ミッキードリーム
芝に見切りを付けてダート路線へ舵を切ったが、父キングカメハメハだけに今後もこういうパターンの馬が増えそう。
とはいえ完全にやる気をなくして転向して来たわけではなく、前走も休み明けながら先行して傾れ込む形を貫けたし芝で得意だった阪神コースならダートでもどうか。
△クリノスターオー
3連勝でOP入りしてからはOP・重賞と連続5着。自分の形に持ち込んだ上で早めに潰される展開になりながら1秒以内に納めておりあとはペース次第。
地味ながら新馬戦でエピファネイアの3着がある馬だし重賞クラスでも一押しあれば。


桜花賞までの成績 2/42 ‐94070円】返還1800円


指がー!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク