パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(福島牝馬S編)

すごいなカープ


今年は調子がいいな~と感じていたが、何が起こったのかと驚く貯金11で単独首位。
大竹が移籍しても大瀬良が頑張るしマエケンが不調でも篠田が帰ってきたしキラが離脱しても広瀬が穴を埋めるしで、いい意味でかつてない選手起用のバリエーション。鯉のぼりの季節までと言われてきたが、この勢いなら夏までは頑張れそう。


福島牝馬S
◎キャトルフィーユ
牝馬クラシック路線では見せ場も作れなかったがメキメキと力を付けてようやく軌道に乗ってきた。母父のカロより母母のサーゲイロードの血が出ているのかも。
ディープインパクト産駒には比較的苦手な福島だが、小回りの中山を克服できたし極端なズブズブ競馬にならなければ。
○ケイアイエレガント
1600万を勝って臨んだ中山牝馬Sでは番手追走から粘り通して2着。逃げずに重賞でも通用したのは今後に繋がる内容だった。
今回も逃げ馬が大量に揃ったのでおそらく控える競馬になるだろうから、あまり控えすぎて後ろからにならないようにしたい。
▲クラウンロゼ
ロサード×ヒシアケボノという珍しい血統でクラシックでは注目を浴びたが結果は散々。明らかに短距離向きの血統で2400は無茶だと思うし、誰か止めようと思わなかったのか?
一頓挫あったが休み明けからまずまずの競馬ができているし、平坦1800ならギリギリ守備範囲のような気がするので流れに乗って差し込めたら。
△トーセンベニザクラ
それまでは好位差しの競馬で結果を残してきましたが、前走は大外枠ということもあり終いの脚に賭けたが中団まま。どうにも不完全燃焼だった。
今回は真ん中の枠に入ったので前回よりは競馬はしやすいだろうからあとは展開が向くかどうか。


皐月賞までの成績 2/45 ‐101270円】返還1800円


どうやったんだ?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク