パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(青葉賞編)

上から下から


木曜の夕方から何かおかしいな~と思ってたら昨日は1日ビチャーDAY。
水のように噴出しつつマーライオン。病院のベッドで点滴を打たれていたら隣の主婦も向かいの爺さんも同じ症状らしく「俺にしては珍しく流行に乗ってるな」とほくそ笑んだり。


青葉賞
◎ワールドインパクト
未勝利を勝ち上がったあとは馬群を捌けず仕掛けるのに手間取ったり逃げ馬にスンナリやられたりして、もどかしい競馬が続いていたが前走で後方から追い込み一閃。ディープインパクト産駒ならではの豪脚を見せ付けた。
飛び抜けた馬がいないため昇級戦だが1番人気に推されるのは仕方ない部分もあるし、シュタルケがフィットするか気掛かりだがダービーでも見たい血統なので権利まで。
○マイネルフロスト
休み明けだったラジオNIKKEI杯から叩きつつ調子を上げていき3戦目の毎日杯で重賞ゲット。メンバーに恵まれた感は否めないがさすがに腐ってもブラックタイド。
速い上がりは共同通信杯で折り込み済みだし2400が長いとは思えないので隣の馬と道中をどう運んでいくか。
▲ショウナンラグーン
これまで大崩れしたのは日程変更されて唯一、先行した京成杯だけで、中団から構えて走ったときは常に馬券圏内まで差し込んで来ておりシンボリクリスエス産駒らしい良くも悪くも安定感があるタイプ。
500万でも勝ちきれない勝負弱さはあるが、メンバー強化されても気にならない強みもあるので前崩れになれば。
△ゴールドアクター
最近ちょくちょく見るようになったスクリーンヒーロー産駒で、年明けから3連対。その中でもラングレーやトーセンマタコイヤといった話題のディープインパクト産駒と接戦があり見た目の地味さに惑わされない力がある。
早めに動いて差される競馬になっているが、上がり勝負ではサンデー系に分が悪いので今まで通りマクリ合戦で叩き合いたい。


フローラSまでの成績 2/48 ‐108470円】返還1800円


下痢をしても独り>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク