パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(NHKマイルC&新潟大賞典編)

嬉しい、が


京都新聞杯で久しぶりに予想が当たるとともにサウンズオブアースがハナ差で2着を死守して本賞金を加算。何とかダービー出走の可能性が残った。
だが僕が見てると3着以下で、仕事で見ていないと2着以上に走るのはどういうことかな?


NHKマイルC
◎ミッキーアイル
新馬戦こそ差されたが、そこから怒濤の4連勝。追い掛けてきた側が潰されるスピードはディープインパクト産駒よりはロックオブジブラルタルの系統に近い気はする。
シンザン記念で危なかったのを経験したことで、周囲に付け込む隙を与えなくなったのがプラスになったしクラシック組との力関係だけ。
○サトノルパン
血統的にもクラシック路線を歩みそうな雰囲気だったが、きさらぎ賞で不可解な敗戦を喫すると短距離へ矛先を向けて2連対。父がダンスインザダークでも短距離に出る母エリモピクシーが凄いのか。
武豊がイマイチ人気以上に走らせないのでいっそのこと小牧が良かったんじゃないかと。
▲ショウナンアチーヴ
1200でデビューしたが徐々に距離を延ばされて1600でもGIで好走し融通を見せた。
ファルコンSが後ろすぎたのを除けば堅実に後方から脚を使ってくるのでタイミングよく仕掛けられるかどうか。
△アドマイヤビジン
着順は目立たないがオープンに上がってからはこの馬なりに走っていて、桜花賞もハープスターが異常なだけで自分の力はしっかり出せていた。
はっきりした逃げ馬がいて、勝ちに行くのか流れに任せるのか難しいところだが最後まで脚を使えば着を拾えても。


新潟大賞典
◎マジェスティハーツ
菊花賞で武豊に無様な乗り方をされたが、お手馬を自分のものにするには誰にも文句を言わせない結果が求められる。森くんも減量が取れたし障害も含めていよいよ正念場だ。
前走プラス馬体重は成長と考えて良さそうだしスイッチが入ったハーツクライなら通過点になっても。
○ケイアイチョウサン
追い込み脚質だけに展開次第のところがあるのは仕方ない。このクラスで安定した脚を使うには何か工夫がほしい。
今回も後ろからだろうから枠はあまり関係ないだろうし、似たような追い込み型が揃ったので新味を出したい。
▲サクラアルディード
AJCCではマクリを決めて結果を出したが、その後は不発。連勝していたときは先行していたし、あまりディープインパクト産駒であることを意識しないほうが良さそう。
中団待機から構えず動くか前々勝負で押し切るか半端な競馬にならないよう気を付けたい。
△メイショウナルト
好走が続いたと思えば急に不可解な大敗をすることもあり、何が原因でやる気を削がれるのかわからない困ったちゃん。逃げたほうがいいのか差したほうがいいのかすら掴めない。
ただ今回はひょっとしたら単騎逃げが見込めるメンバーなので思い切ってパーッと行ったら面白いかも。


京都新聞杯までの成績 3/52 ‐62940円】返還1800円


ダービーも見ないほうが…?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク