パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(東京優駿&目黒記念編)

さぁ出発だ


ダービーからダービーへという言葉があるが、まさに今年はダービー直後にデビューしたイスラボニータが1番人気になるというJRAドヤ顔の展開。
来年以降、藤沢和や松田博あたりまで10月デビューを敬遠しだしたら本物。山内や森が夏デビューはマズイと9月や北海道開催に逃げ出したら末期。


東京優駿
1枠1番
▲サウンズオブアース
POGりんの指名馬として初めてダービー出走にこぎつけたが、いかんせん使える脚に限界があり詰めの甘いネオユニヴァース産駒らしい。
応援はするが真面目に考えたら切れ味負け必至。
1枠2番
○ワンアンドオンリー
逃げ馬が残る展開を最後方からよく追い込んだが4着。1000の通過が1分ちょうどではさすがに厳しかった。
その脚を期待されて金曜日には1番人気に推されるほどだが、どことなくフサイチホウオー臭が漂ってるのが気になるところ。
2枠3番
マイネルフロスト
どうにも相手なりのひ弱さが払拭できず、毎日杯組も掲示板に載った5頭が次走で1頭も馬券に絡めなかった時点でレベルも大したことがないと判明。2歳夏までが見せ場のマイネルにありがちなパターンだし無事に回ってくれたら。
2枠4番
アドマイヤデウス
皐月賞では穴馬に指名する競馬新聞を散見したが、21世紀のクラシックでティンバーカントリーに持っていかれるほどサンデー系はショボくはない。
ダート2400なら本命にするけど、芝2400ではねぇ…。
3枠5番
◎トゥザワールド
オークスのハープスターでも届かなかったように、後ろから構えて外に出すのは戦略的に安全でも一発を狙う馬達が揃うGIでは諸刃の剣。
その意味ではずっと好位差しで戦ってきたこの馬にとって展開に左右されない強みを最大限に活かせるチャンスが来たと言える。川田も2週続けて落としたくないだろうし頭まで。
3枠6番
ショウナンラグーン
青葉賞では印を打ったがまさか突き抜けるまで行くとは思わなかった。大久保先生と吉田豊はこれがあるから怖い。
ただ本番でも来る青葉賞勝ち馬は人気で差を付けた馬だけなので、接戦程度では掲示板まで。
4枠7番 取消
ウインフルブルーム
この馬がペースのカギを握っていただけに、出られないのは残念。
4枠8番
スズカデヴィアス
年明けデビューでよくぞダービーに間に合ったと言えるが、すみれSが恵まれただけでその後の重賞では何と言ってあげればいいのか困るレベル。
一言で言うと武器が見当たらない。
5枠9番
アズマシャトル
ラジオNIKKEI杯2着の賞金だけでダービーに歩を進めてきたが、まだ1勝馬だしスティルインラブの近親とはいえGIで戦うには力不足の感は否めない。松山ファンなら(ファミ通か)。
5枠10番
△ベルキャニオン
2着大王、最強の1勝馬、という称号がチラ付いていたがプリンシパルSでは唯一の上がり33秒台を計時して差し切り。「戦ってきた相手がおまえらとは違うんだ!」という声が聞こえてきそう。
善戦タイプだがレインボーペガサスっぽさを感じるのでヒモ穴によさそう。
6枠11番
ハギノハイブリッド
京都新聞杯は豪快に差し切って重賞勝利。このブログ予想ひさびさの大勝利に貢献してくれた。
しかし京都新聞杯組はよほどのことがないかぎり本番ではお客さんなのと、乗り替わりがダービーではマイナス要素なのでイマイチ買う気はしない。
6枠12番
エキマエ
例年ならダービー翌週にユニコーンSがあるのでダート馬は素直に諦めていたが、番組編成で中2週になってリスクがなくなったことから案の定、特攻する奴が出てきた。
フジキセキ産駒の取捨に頭を悩ますのにメイショウボーラー産駒なんか目を向けるわけないだろ。
7枠13番
イスラボニータ
個人的にNHKマイル→ダービーのローテで来ると思っていたので皐月賞挑戦はフラグじゃないかと危惧していたのに。なぁ?
遺伝子うんぬん言われているが東京2400はペースが遅いと1600と同じレースと考えていいので、血統から距離適性にケチを付けるのはナンセンスだと思うが。
7枠14番
タガノグランパ
なぜNHKマイルCに出ない!?そしてなぜダービーに出てくる!?
この後ユニコーンSに出てくるに1000ペリカ。
7枠15番
サトノルパン
お前もなぜダービーに出てくる!?
別に一生一度の夢舞台にケチを付けるわけじゃないけど、ダービーでの高速馬場に命を落とす3歳馬が多いから…。
8枠16番
レッドリヴェール
ハープスターとバウンスシャッセを物差しにすればここで勝ち負けしても不思議ではないが、ウオッカの時は皐月賞がヴィクトリーで牡馬に本命不在だったのも大きかったしキチンとした馬が揃えば馬格もないしキツイと思うのだが。
能力自体は足りていると思うので牝馬得意の福永で一発あるか。
7枠17番
トーセンスターダム
ダービーを目指してきた割りにはきさらぎ賞からダイレクトに皐月賞に出て惨敗。振り返れば倒した相手も大して強くないし一桁頭数のドスローしか経験がなかったわけだから至極当然の結果だった。
まぁ、それを差し引いても武豊ってだけで切れる。
8枠18番
ワールドインパクト
本当にシルクは社台ノーザンとつるむように方針転換してウハウハだな。シルクジャスティスの単勝に財産を投げうった人はどんな気持ちで今のシルクを見ているのか。
トライアル2着馬が勝ち馬より人気の時は食わせ者の法則で個人的には消し。


京都ハイジャンプまでの成績 3/59 ‐79740円】返還1800円


目黒記念は続きを読むに>胴長熊猫
目黒記念
◎ラブリーデイ
昨秋から馬券圏外に敗れたのが有馬記念だけという安定感。逆に勝ちきれない部分もあったが前走で吹っ切れたような完勝。
ここ2年連続メトロポリタンS勝ち馬が馬券になっているので、この馬もチャンス。
○アスカクリチャン
さすがに本格派路線に叩き込まれると一枚落ちるようで結果は見るも無残だが、そもそも最近は東京でしか好走がないし人気もないなら割り切って狙いたい。
▲マイネルメダリスト
乗り方に注文が付く難しい馬で、持っている素質はなかなかのものだがイマイチ発揮し切れていない。
自由に乗れて気楽に行ける蛯名が東京だと思い切った競馬をしそうなのでまさに単穴。
△ラブイズブーシェ
有馬記念4着で天皇賞・春を意識したレースを目指したが頓挫。小倉では馬体重を減らし、ようやく福島で復調の兆し。
まだ勝ち負けまで行けるほど返ってきたのか判断しにくいが、人気で買うような馬でもないので。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク