パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(鳴尾記念編)

もう?


例年ならPOGりんのシーズン初出走は夏の新潟か九州産の小倉なのに、今年は早くも開幕週から1頭。
さらに翌週も1頭が控えていて確かに早期デビューを見越して下位に並べたのはあるのだが、こうもポンポン出てくると逆に落ち着かなかったり。


鳴尾記念
◎カレンミロティック
前走は少頭数でハナを切れたがレースそのものが特殊だったのでノーカウント。本当にあのレースは何だったのか。
再び似たような頭数だがクセのないメンバーが揃ったので、正攻法で行けば勝負になるはず。
○エアソミュール
OPでは無類の強さを見せるのに重賞になると途端に脆さを露呈する。そこまで違うものか。
昨年のこのレースではトウケイヘイローが逃げ残る中で後方から飛んできて4着だったし、同じ脚が使えるなら前進できても。
▲サクラアルディード
あまり展開には注文のつかない馬なのだが、使える脚にかなり注文がつくようで母父マルゼンスキーの重たさが足枷になってる。
またスローだと切れ味では分が悪いので自分で動く競馬をしてほしいが。
△トーセンジョーダン
昨年のジャパンカップを見ても戦える状態はあるけれども安定して力を出せるわけではなさそう。まぁ57キロで出られるなら出るよなぁ。
宝塚記念に出るのか札幌記念へのステップなのか、狙いが掴みにくいが実績を尊重。


東京優駿までの成績 3/60 ‐82140円】返還1800円


話題になってないからいいか>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク