パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(帝王賞編)

お疲れ


知らない間に始まって知らない間に1次リーグ敗退が決まってた日本代表。
詳しい人たちがアイツが悪いコイツが悪いと会議をしているが、FIFAランキングでも上の国ばかりなんなら単に「弱い」だけなんじゃ…?


帝王賞
◎コパノリッキー
かしわ記念はフェブラリーSをフロック視する人と休み明けを気にする人がいて2番人気だったが、慌てず騒がず中団から差し切り。逃げなくても問題ないところを見せたしひとまず安泰の地位を築けたか。
初めての2000など突けるデータはありそうだがゴールドアリュール×ティンバーカントリーなら距離延長は歓迎だろうからここでも連軸視。
○ニホンピロアワーズ
ベルシャザールやコパノリッキーのように芝からの刺客や遅咲きの素質馬が押し寄せやすいこの路線において長年トップクラスに居座り、アンタレスSでも3着など中央重賞でも力を出せる実力を保持。この系統はやっぱりしぶとい。
逆転のシナリオは初距離だろうが、この馬自身も大井に勝ち鞍がないだけに前に行くか後ろに付くか決め打ちしたい。
▲シビルウォー
しばらくは地方の一枚落ち重賞で2・3着を拾う善戦タイプだったがジリジリと力を付けて名古屋GPでは豪快なマクリ勝ち。母父サドラーズウェルズがようやく効いてきたか。
前走は半年ぶりに後方からではOPと言えど中央では無謀だし、ここへ向けての調教代わりだったと考えたい。
△ムスカテール
川崎記念では見せ場タップリの2着だったがダイオライト記念で惨敗。ムラのあるロベルト系らしさが出てしまったか。
左回りを多く使われているがダートに関しては右回りなら2戦2勝だしひょっとしたら大一番で爆発する可能性も。


ユニコーンSまでの成績 3/66 ‐96540円】返還1800円


出られるだけでも凄いのに>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク