パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(七夕賞&プロキオンS編)

復活


水曜日の昼から風邪引いて寝込んでましたが、まさか一晩寝たら悪化するなんて思わなかった。
動けない声が出ない状況で熱を計ったら40度を越えてて、今まで「体温計なんて30台までで十分だろ」と言ってたが、必要だわ。40台。


七夕賞
◎マイネルラクリマ
本来はこのレースで買いたかったのでエプソムCではおとなしくしていて欲しかったが、2着に来てしまったのは仕方ない。
お陰で前売り1番人気だが、チーフベアハート産駒は人気でバシッと来るみたいなそういうキャラじゃないんだがなぁ…。
○ラブリーデイ
荒れる重賞で人気馬ばかりに印を打つのは非常に気が引けるのだが、吾妻小富士OPがないんだからしょうがない。
目黒記念は最後に後方組の追い込みに屈したが先行勢で最後まで粘っていたし、直線の短い福島なら早めに抜け出せれば。
▲ダイワファルコン
調教師も何か吹っ切れたのか春の中山開催が終わるや否やここを照準にしてしまって、普通なら新潟大賞典とか使いたくなりそうなのに絞ってきた。
このレースでの実績はないが福島2000はリピーターが走りやすいコースなので久々でも。
△ヴィクトリースター
血統だけならPOGでも人気になりそうだが、蓋を開ければ…みたいな馬。短距離もダートも経験しながら前走でようやくOPに昇級。
ディープインパクト産駒の関西馬だが福島1700時代のきんもくせい特別2着とコッソリ実績があるので先生が何とかしたら。


プロキオンS
◎キョイワダッフィー
前走同様、竹之下で出走してきたら熱かったがなぁ。いい馬がでてきたら簡単に乗り捨てる一流半より竹之下のほうがキテますって馬主様。
すでに1600万でブライトラインと勝ち負けしていたならGⅢで格負けすることはないだろうから、地方交流重賞に向けて賞金を稼ぎたい。
○アドマイヤロイヤル
まだGIでは相手にならないレベルのようだがOPクラスなら番人のような存在。加えて左回りなら手強さもアップ。
この馬にとってのベスト条件はあと武蔵野Sくらいしか残っていないので確実に結果を出しておきたい。
▲ノーザンリバー
地方どさ回りをしている馬にありがちなのは地方の緩い流れに慣れてしまって中央のテンに付いていけなくなることだが、幸いこの馬は前に馬を置いて走りたいタイプなのかペース関係なく中団待機。
今回は外枠で差し損ねが気掛かりだが、最近の好調ぶりなら直線だけで差し切っても。
△ワイドバッハ
すげーな、アジュディケーティング産駒がまだいるんだ。ミスタープロスペクター系のイメージですがダンチヒ系のノーザンダンサー一派。
こういう追い込み馬はなかなか重賞だと画面にも出てこず敗退していくけど、今のシルクフォーチュンよりは斬れるだろうと言う事で。


JDDまでの成績 3/72 ‐110940円】返還1800円


まだノドも痛い>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク