パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(キーンランドC&新潟2歳S編)

汗だく


百姓訓練を兼ねて稲刈りしたたんぼの藁しまい。
曇ったり晴れたりで作業がはかどらない。お茶は友達。


キーンランドC
◎スマートオリオン
グラスワンダー産駒に限ったことではないが、スプリンター種牡馬ではないところから短距離型が出る場合は気性で走るタイプが多いので基本的に東京や京都では嫌いたい。
その意味では時計の掛かる洋芝のほうが走りやすいだろうから、叩き3戦目で更に前進できれば。
○スノードラゴン
久々の前走は真ん中で抜け出すのに手間取り2着。勝ち馬とは通ったところの差が大きかった。
この馬も芝で走るなら時計に注文が付くクチで1分9秒台になるようなら出番もありそう。
▲フクノドリーム
あまり奥のなさそうな血統だし早熟くさい雰囲気だったので軽視していたがアッサリ古馬相手に重賞で2着。ヨハネスブルグ産駒の切り時が難しくなる。
後追いで印を打つのはハッキリ言っていいことはないが、人気馬が揃って不利な外枠に入ったのでハンデを活かせれば。
△エイシンブルズアイ
春の重賞に出てきたときに「賞味期限は短そう」と言った手前ここで買うのは非常に心苦しいが、フクノドリームが好走しただけに「ひょっとして3歳馬のレベルが高い?」と思わなくもない。
父はゴーンウエストでも、母系は晩成型のホイストザフラッグならもう少し寿命が延びても。


新潟2歳S
◎ブリクスト
この時期に行われる2歳重賞を予想するのは非常に難しい。何せほとんどの馬が勝ち上がって勢いのある状態なのですべてが良く見えてしまう。
今までならチチカステナンゴ産駒だけで「はん!」と鼻で笑うレベルだったが、世代が進むに連れて使い方がわかってきたのか2歳から油断できなくなった。もう産駒はいなくなるけどそれまでに一度はお世話になりたい。
○ミュゼスルタン
母も夏の新潟でデビューしたが勝ち上がりには1年を要した。それでもエリザベス女王杯に出るまでになったし単に遅咲きだったのだろう。
そこにキングカメハメハという配合で芝もダートもこなせそうな血統だが、切れ味も両親から受け継いでいそうな感じなのでここも勝ち負けまで。
▲ハナモモ
昨年のハープスターは別格として毎年のように牝馬が馬券に絡むのはどの2歳重賞も同じ。さらに切れ味に勝る牝馬ならなおさら好走しやすいのだろう。
新馬戦は1200を中団から差し切り。逃げ馬が淡々と逃げ切りやすい条件で撫で切れるなら追走の楽になる今回はもっとやれるはず。
△テイケイラピッド
前走の中京2歳Sは勝ち時計が1分40秒台というレースの施行時期を変えたほうがいいだろうと言いたくなるようなスロー。それを後方から構えるわけだから勝てと言う方が無茶。
相手はかなり手強くなるがリダウツチョイスなら時計勝負のほうが歓迎だろうし、もう少し前から攻めても問題ないはず。


新潟ジャンプSまでの成績 4/87 ‐118680円】返還3600円


氷も友達>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク