パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(新潟記念&小倉2歳S編)

あぁ…


久しぶりに大学時代のバイト先の先輩に会ったら、お母様のアレがソレになったからブチ込んだみたいな近況を聞かされて。
どこどこにあるとか、最初は3ヵ月しか入れないとか「お前は知らないだろ?」的なトーンで話してくるが、経験者だし。「あぁ、あそこ入る道が狭くて分かりにくいですよね」と合わせるわけにもいかず。


新潟記念
◎アドマイヤタイシ
一年近い休養を経ての3戦だが、とりあえず先行する脚は衰えておらずシングスピール産駒らしく長く活躍できている。
特別調子が良いようには見えないが、似たような煮え切らないメンバー構成だし前々でうまく立ち回ってくれば。
○ステラウインド
海外遠征など色々な経験を積んできたが最終的に2000がベストの父ゼンノロブロイ同様の中距離馬。先々も2400は上がり勝負の東京だけになりそう。
意識的に中山を避けて使われているので、あまり馬場が悪くならなければ。
▲メイショウナルト
小倉記念は雨で悪化した馬場に脚を取られそうになる中で外差し馬を向こうに回して3着。七夕賞がフロックではないことを見せ付けた。
今回もハナに行けそうなメンバーだし、ハーツクライ産駒なら競馬場よりも状態が重要なのでイケイケの間は押さえたい。
△ニューダイナスティ
クラシックでは力不足を露呈したがジワジワと勝ち上がって重賞でもここ2戦は好内容。母系はダイナフォーマーとサーゲイロードだし、のんびり屋さんなのかも。
好位に付けるよりは中団後ろ辺りで待機するのが良さそうだし、そういう馬なら吉田豊も合いそう。


小倉2歳S
◎レオパルディナ
名前からしてレオの冠かと思ったらキャロット。それでいて生産はビービーの坂東牧場。紛らわしい。
新馬戦→フェニックス賞と1200に強いデインヒル系スニッツェルで、GIで買いたくない馬が上位によく来るのでこれくらいでいいんじゃね?
○タムロダイチ
新種牡馬エンパイアメーカー産駒だが、今のところ額面通りの芝ダート悪い意味で兼用の1200型。ギンギンの時計勝負はごめんなさいで、ダートも軽いほうがいい。
使いどころの難しい短距離型だし、来年の今頃にはダート1000に出る馬が多そう。
▲タガノヴェルリー
中京の新馬戦で勝ち上がったが2着馬が小倉で未勝利を脱出していたしソコソコレベルの高い一戦だったかも。
ホワイトマズル産駒で1200だが、オンファイアやタヤスツヨシ産駒にやられた過去があるので敢えて買ってみたい。
△オメガタックスマン
新馬戦ではレオパルディナに敗れたが、未勝利ですぐに巻き返してきて抽選も潜り抜けられた。
サクラバクシンオーはいなくなってもショウナンカンプからプリンスリーギフトの血は受け継がれていくし、そのうちミスターシービーみたいな馬も出てこないかしら?


札幌2歳Sまでの成績 4/90 ‐125880円】返還3600円


老人ホームじゃない何か>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク