パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(セントライト記念&ローズS編)

10月が近づくと


休憩所にお土産的なお菓子が置いてあったので誰かの旅行かと聞いたら「本社の課長が持ってきた」とのこと。
その割に工場内を見て回らなかった旨を聞いてみたらゴニョゴニョされたので「近いうちにトップ交替があるな…」と勘ぐる。
いや、閉鎖の可能性も。


セントライト記念
◎イスラボニータ
春のクラシック前にはフジキセキ産駒と言うことでスタミナや勝負根性を不安視する声が聞こえてきましたがこれを結果で封殺。遺伝子レベルの話を持ち出して距離不安を打ち消す事態に発展した。
中山2000をこなすなら新潟2200が長いということはないだろうが、近年の菊花賞でスタミナを問われる展開になるほうが珍しいわけだから天皇賞秋に行かずに菊花賞に出て来いや。
○ステファノス
ディープインパクト産駒だが母系からのパワーが強めに出ているのか、完全な切れ味型というより強引に自分のペースに持ち込みたいタイプ。
中山に比べて新潟なら周りも仕掛けに慎重になるだろうから早めに馬場のいいところを選んで抜け出したい。
▲ショウナンラグーン
できれば中山2200でやりたかった部類だろうが、半端な距離なら任せとけのシンボリクリスエス産駒だけにそこまでの心配はいらないか。
長くいい脚を使わせたら世代でも屈指だけに、東京ほど上がりが速くならないだろう今の新潟なら青葉賞の再現も。
△デルカイザー
新緑賞では馬体重を大きく減らしながらハギノハイブリッドと接戦をし、立て直した休み明けの前走では古馬を一蹴。500万で重賞クラスでも活躍した馬達と渡り合っただけのことはあった。
メンバー強化で試金石の一戦だが、兄はムスカテールで母系もスタミナ型トップヴィルなら本番でも見てみたい。


ローズS
◎ヌーヴォレコルト
ようやく僕の辞書にヌから始まる国内GI馬が出てくれた。今までヌエボトウショウでずっとお茶を濁してたから…。
レッドリヴェールとの一騎打ちムードだが、春に順調さを欠いた相手となら一強と見る。
○サングレアル
ただでさえ小さい馬体なのにオークスではマイナス14キロで400キロちょうど。走らせるのを躊躇うような状態だったし大敗もやむなし。
コンスタントに仕えない辺りも輸送や連戦に耐えられないことからもむしろ休み明けの地元はベスト条件だろうから権利まで。
▲ヒルノマテーラ
勝ち上がりは今年の5月と時間を要したが、そこからは順調にレースを使いながら上昇。距離も延びてから本領発揮してくる辺りがマンハッタンカフェ産駒らしい。
かったるいドスローよりは重賞の厳しい流れのほうがピリッとするタイプだろうから前が速くなるズブズブの展開になれば。
△リラヴァティ
未勝利を脱出するのに苦労しながら重賞でも3着に好走しつつ自己条件でコケる。実に正しいゼンノロブロイ産駒の姿。
いかなる時も自分の力は確実に出せるタイプなので、あとはそれが展開にうまくハマるか。


阪神ジャンプSまでの成績 4/95 ‐136080円】返還5400円


罰ゲームに近い徳島出向>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク