パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(シリウスS編)

いよいよ凱旋門賞


日本馬3頭がタイプの違うこともあり、1頭くらいロンシャン適性が高い馬がいるような気がして期待している反面、やっぱりロンシャンで前哨戦を使わないデメリットのほうが大きい気もする。
滞在日数に応じて帰国後の検疫が延びてしまうからジャパンCや有馬記念を使えないのも考慮して直前輸送なのかもしれないが、それで勝てるほど甘いレースでもないし、勝つためには凱旋門賞を引退レースにするくらいの割り切りが必要だと思うのだが。


シリウスS
◎クリノスターオー
単純に逃げて粘り込む競馬から、隣に馬を置いて闘争心を煽る競馬に変えて重賞戦線でも戦えるようになった。スタミナ比べには自信がある馬だったしテンもゆっくり入れるようになったのもプラス。
チャンピオンズCが目標になるだろうし、交流GI組を脅かす存在になってくれれば。
○ナムラビクター
ダート1800以上では大崩れすることなく走っていて、休む前の前走で久々の馬券圏外に敗れた。順調にポンポン使われていたが蓄積疲労はあったかも。
一息入れて58キロは厳しい条件だが、得意の阪神ダ2000なら仕上がり前でも勝負できるはず。
▲ソロル
ダートに替わってから完全なテレンコ馬で、そのままなら今回は来る番。そんなうまくいくようなものではないだろうが。
それでも軽い馬場よりは少しくらい時計が掛かる乱戦のほうが歓迎だろうから、スムーズに外目を進出したい。
△ケイアイレオーネ
3歳時に重賞を勝った後、長らく低迷。ストームキャット系のヘニーヒューズだし見限ればおいしいと思っていたら連続好走。
母系もミスタープロスペクター×ボールドルーラーと、あまり奥行を感じる血統でもないのに。不思議。


オールカマーまでの成績 4/99 ‐145680円】返還5400円


杞憂に終わればいいが>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク