パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(いちょうS編)

新設重賞


今年からできたレースだけに予想の組み立てが難しいところですが、レース名は何とかならなかったのだろうか…。
牝馬の新設重賞がアルテミスSでダートがレパードSなんだし、アーリントンCの前身であるペガサスSとか、セントライトやシンザンには記念競争があるわけだからミスターシービー記念とか三冠馬の名前を配したレース名でもいいと思うが。


いちょうS
◎サトノフラム
新馬戦はポンと出て逃げ馬を先に行かせると番手追走から上がり33秒9で押し切る内容。マンハッタンカフェ産駒らしい早めに抜け出しての快勝だった。
東京1600は普通なら短距離カテゴリーだが、12頭立てでスローしか経験のない馬ばかりならペースは調教並みになるのは明らかだろうから周りがチンタラしている間に決着を付けたい。
○キャピシーヌ
前走のアスター5賞は中盤のペースアップに仕掛けが遅れ6着。昇級戦・距離延長・雨の中を考えたらまずまずだった。
さらに重賞で相手は強くなるがデュランダル産駒なら1600は守備範囲だろうし、綺麗な馬場なら見直し。
▲グァンチャーレ
中京1600の新馬戦は届かなかったが小倉1800に替わって追走も楽になり、中団からマクリ気味に上がって差し切った。
現状はテンの緩い流れがベターで、徐々にペースを上げながら自分で動く競馬ができれば。
△クラリティスカイ
勝ち上がりには時間を要したが、新馬戦で負けたドルメロはOP2着。前走も評判馬のトーセンビクトリーを下しての1着と中身は濃い。
クロフネ産駒の大型馬で、まだモッサリ感は否めないが格負けしない血統なので重賞でも。


スプリンターズSまでの成績 4/101 ‐150480円】返還5400円


クイーンSもサファイヤSに>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク