パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

ドラフト予想(セリーグ編)

今年もやるよ大胆じゃない予想!


ヤクルト ◎安楽智大(済美)
今シーズンも故障者に泣かされ続けたスワローズ。連続の最下位も仕方ないほど悲惨だった。
投手の柱だった館山が開幕直前に手術することになり、昨シーズンの最多勝・小川もシーズン中に離脱。
打線が好調だっただけに1にも2にも投手の補強は必須。早稲田・有原やヤマハ・竹下なども候補に上がっていたが主力投手が25~30歳に偏っておりそろそろ高卒素材型を指名しそうなので安楽に。
その後も先ほどの竹下や京都大・田中といった即戦力の大卒・社会人になりそう。
内野手は山田が完全に一本立ちしたことで田中浩がバックアップとして森岡とともに控えていて川端・西浦と怪我から帰ってくればレギュラークラスの選手も揃ってきたのでミレッジ・バレンティンがいなくなったときを考えて外野手で幸山(富山第一)あたりを指名しておきたい。


横浜 ◎山崎福也(明大)
一時はクライマックスシリーズ争いにまで顔を出していたが終盤に来て失速。結局、中日にかわされてしまい昨年と同じく5位で終了。最後の最後でチームとしての力を問われたシーズンだった。
こちらも開幕投手の三嶋や高崎がどこ行った状態で、未だに三浦がなんだかんだでローテの柱に数えられ
久保がいなかったと思うとゾッとする布陣だっただけにもう1枚先発、それも左で高橋尚に代われるような即戦力左腕がほしいところと考えて山崎で。三上がクローザーに定着したことでその前を投げられるようなセットアッパーも押さえたいので野村(三菱日立パワーシステムズ)も候補に上がってきそう。
野手はコンバートによって外野はかなり充実してきたので、内野で横浜高卒の倉本(日本新薬)や、同じく地元の宗(横浜隼人)のようなどこでも守れそうな守備型の選手がほしいところ。


中日 ◎山崎康晃(亜大)
谷繁新体制の1年目は序盤からなかなか投打が噛み合わず、岩瀬や浅尾・濱田と言った登板過多が祟って離脱を余儀なくされたり、和田が死球で離脱すると打線がまるで機能しなくなるなど弱点も多く露呈した。
それでもルーキー又吉・祖父江がリリーフ陣を引っ張り、福谷に回すという形は構築できたのは収穫だった。
ひとまずFAの山井は残留が濃厚で、これに大野と怪我から吉見が帰ってくれば表ローテは安泰。あとは裏ローテで実績を積みながら成長と結果を計算できそうなところとなると大学から山崎を指名しそう。
落合GMのことだからもう少し緘口令を敷くかと思っていたが12球団でも最多くらいの有力な情報が出てきているのが少し不気味。ハズレ1位も入野(徳島インディゴソックス)や瀬川(室蘭シャークス)など直前になってポンポン名前を出すあたりまだ何か隠れた選手を抱えていそう。


広島 ◎有原航平(早大)
シーズン序盤はドラ1ルーキー大瀬良に巨人から人的補償で加入した一岡、打撃開眼したエルドレッドなどの活躍で首位を快走したが例年通り交流戦で大ブレーキ。結局2位も確保できず3位でシーズンを終えた。
今年は早々に有原を1位指名すると公言。森で懲りてないのかと思うけどどうせ1本釣りできる選手じゃない。
外したときには地元を優先するなら石田(法大)あたりか。誰が残っているかで2回目以降も抽選がある可能性は否定できないのではずれのはずれのはずれ1位まで検討しておく必要はあると思う。
あとは昨年獲得しなかった捕手で山川(福工大城東)、左投手が明らかに不足している事情を見て高卒なら古沢(九国大付)、社会人なら坂寄(JR東日本)を中位で指名してくるか。
マエケンとバリントンの去就が不確定だけに投手2枚は確実に確保しておきたいところだが、どーにも事前に有原を公言したのがフラグな気がするんだよなぁ・・・。


阪神 ◎有原航平(早大)
勝つときは派手だが負けるときが淡白で接戦をよく落としたのが前半戦では目立ったが、さすがにタイトルホルダー4人を抱える投打の要がいるだけに彼らが仕事をした終盤に強さを発揮した。ゴメスはハズレだと思ったけど。
こちらも広島に続いて1位は有原で確認。競合覚悟でくじに挑む。ジェンや二神など一風変わった名前の選手を1位指名するのは源五郎丸からの伝統だけにハズレ1位も風張(東農大オホーツク)で決定か。
補強ポイントは安藤・福原に続くセットアッパーと高宮しかいなくなってしまったリリーフ左腕にポスト鳥谷。
前者は土肥(ホンダ鈴鹿)か高木(NTT東日本)と左で横山(住金鹿島)、後者は田中(三菱重工広島)あたり。
割合、高卒を好んで指名してきた球団だけに大学・社会人が多めのドラフトになりそう。


巨人 ◎浅間大基(横浜高)
幾度となく阪神と広島に迫られながら最後まで首位をキープ。誰かがダメでも他がいる層の厚さはさすがと言わざるを得ない。クライマックスシリーズでは主役になるべき存在がいなかったのが敗退のすべて。
直前では岡本(智弁学園)が1位予想されていて、内田コーチを招聘したのもこのためではないかと囁かれるが外国人で何人でも補充できる1塁手、サードなら和田を獲っていて奥村・辻・坂口に育成で4人も内野手はいる。
ところが外野は大田と橋本にメドは立ったもののそれより下の世代は育成の青山だけ。それを考えたらいま必要なのは同じスラッガーでも外野の浅間ではないか。昨年も石川に翻意しただけに煙幕と見てみたい。
違ってもおそらく外野手は獲りそうなので野間(中部学院大)か脇本(健大高崎)。


くじ引き当たってくれ~>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク