パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(富士S編)

パーカー


だいぶ朝方が冷え込むようになって吐息も白くなる日が出てきたため、競馬に行く服装も半袖Yシャツから長袖パーカーに衣替えしたがウインズに着く頃には気温が上がってしまい結局腕まくり。


富士S
◎ステファノス
セントライト記念では惜しくも権利を逃したが、母系は完全なマイル血統だからこちらのほうが結果的に良かったかも。
GⅢにしては敷居の高いレースだが次に続かないレースでもあるし、大外枠に入っただけに展開にも注文は付けたい。
○ミトラ
出た~外国人ジョッキーハシゴする奴~!
京成杯AHでは番手から33秒台前半の上がりを繰り出すなど、シンボリクリスエス産駒にあるまじき切れ味の持ち主。今回も純粋な逃げ馬不在でスローが予想されるので、前走の再現も警戒。
▲トーセンレーヴ
葡萄。いやブドー。
誰だよ、と思って調べたらフランスの新鋭21歳。昨年のフランスリーディング3位。今年のパリ大賞典でGI初制覇という日本で言う松岡かな(一気に安っぽく…)。
このところ中途半端な競馬で中途半端な結果しか残してないのでピエールシャルル・ブドーの手綱捌きに託そうじゃないか。
△エキストラエンド
春先にはGIも獲れるんじゃないかと期待するほどの勢いが感じられたがすぐ尻すぼみ。今まで結果が出たのが秋~春先なので寒いくらいが丁度いいのか?
だいぶ昼間でも陰だと寒さを感じるようになってきたし、得意の季節なら再上昇しても。


秋華賞までの成績 4/108 ‐165360円】返還5400円


クロックスも靴下履こうか迷う>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク