パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(JBCデー編)

模様替え


コタツを出すのをいい機会にすべく部屋の整理整頓を行い、ついでに配置を換えていったらゴミ袋に4つも貯まるほど不用品。
まだ3年ほどしか住んでいないのに。こんなにいっぱいの抜け殻集めて、無駄なものに囲まれて暮らすのも気にならないと知った。


レディスクラシック
◎ワイルドフラッパー
ブリーダーズゴールドCでは不覚を取ったが、前走のレディスプレリュードでは雪辱。中央GⅢで牡馬相手に3着まで来る力はやはり伊達ではない。
JRA勢の新興勢力はいずれも勢いがありそうだがまだまだ牝馬ナンバーワンの座は譲れない。
○ブルーチッパー
デビューから一貫してダート中距離を逃げまくる牝馬で、3歳時と休み明けを除いて馬券圏内に入っている。
シーキングザゴールド×ティズナウというアメリカンな血統なら人気2頭が牽制する間にスルスル逃げ切る形も警戒すべき。
▲サンビスタ
一騎打ちを期待したレディスプレリュードだったが、逆に力の違いを見せ付けられる結果になった。撒き餌か本物か。
逃げようと思えば逃げられるだろうが、目標にされるのはお互いに嫌だろうから仕掛けどころに注意。
△マイネエレーナ
中央時代は500万の短距離で四苦八苦していた芝ダート兼用型だったが、地方に移籍してから距離延長にも少しずつ対応しはじめて埼玉栄冠賞では1900で大差勝ち。
交流重賞では行き脚で負けるところがありなかなか自分の形に持ち込めないが、地方代表として一角崩しがあれば。


JBCスプリント
◎コパノリチャード
今年も芝路線から転向してきた馬がいたが、昨年のドリームバレンチノよりは強力だとは思う。
道悪の高松宮記念を勝っているからダートでも走れそうな雰囲気はあるし、逃げ馬有利の盛岡ならポンと出たら押し切るだけの力もあるはず。
○ノーザンリバー
実績は今年のメンバーでも最右翼だが、地方勢に詰め寄られたり捕まえきれなかったりとやや不安定な部分が否めない。差しが届きにくいという面では盛岡はマイナス。
スタートも馬なりに出ていくタイプなので、隣のコパノリチャードが故意に幅寄せしてきて蓋をされたら厳しい展開も覚悟。
▲ドリームバレンチノ
地方交流重賞でもすっかりお馴染みの顔だが意外に勝ち鞍は1つだけで、2着が3回と芝の時と同じような成績に落ち着いている。
左回りは中央だけだが馬券圏内がないのは気掛かりだが、周りに速い馬がいないので位置を取りやすいのを味方に対応したい。
△サトノタイガー
キングカメハメハ産駒で中央時代はなぜか2000を中心に使われていたが勝ち鞍は1600ばかり。母系はサンデーサイレンス×ファバージだし1200を使うべきじゃね?
ちょっといい時期を逃していて勝ち切るには厳しそうだが、芝のOPでもやれていた地力はここでも上位のはず。


JBCクラシック
◎ホッコータルマエ
ドバイWCでは無様に散ったがオールウェザーはダートのようでダートじゃない馬場なのでやむなし。そのうちダートに戻ればまた面白そうだけど、スタホみたいに砂漠でやれ。
フェブラリーSでは慎重になりすぎて逃げ切りを許したが、今回は自力全開のけれんみのない先行押し切りを期待。
○ワンダーアキュート
勝ち切れないレースが続いていたが帝王賞で久々のGIゲット。中央だとテンに置いていかれるようになりそろそろ買えるのも東京大賞典が最後か。
もともと大崩れしないタイプで、今回も逃げ馬が揃っているのでピッタリ後ろに着いていって抜けだしを食らわせられるか。
▲コパノリッキー
フェブラリーSの勝利をフロックと言われないために尽力した春シーズンだったが、かしわ記念と帝王賞で力を見せたし来年以降もこの路線を賑わす存在になりそう。
力のいる大井では2000がギリギリの感じだったが、幾分は軽くなる盛岡ならもう一粘り利いても。
△ベストウォーリア
マイルCS南部杯はさすがにメンバーに恵まれたのもあって完勝。あれを落とすようならこの路線では生き残れない。
GIというより、まずは挑戦権を得たと言う状態だと思っているがエーピーインディ系なら勢いのあるうちに力のあるメンバーにぶつけたい。


天皇賞・秋までの成績 4/113 ‐177360円】返還5400円


箱を捨てられない性分>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク