パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(京都ジャンプS&ファンタジーS&京王杯2歳S編)

取り急ぎ


仕事でお出かけ中のときに限って3つも重賞がありやがる。


京都ジャンプS
◎メイショウブシドウ
夏の小倉を始動戦にして重賞連勝。前走も逃げる相手を最後にキッチリと差し切ってみせた。
現状、不安要素は落馬だけで、まともに走られたら今回のメンバーでは太刀打ちできなさそうなので無事に回ってきたら。
○オースミムーン
長らく続いていた不振からようやく脱出の兆しを見せて連続3着。以前のような軽快な逃げ脚よりは道中を静かに入る形がだいぶ板に付いてきた。
気分良く運びたいタイプなのでむしろ大外枠はプラスになりそうだし、このメンバーなら能力上位。
▲ホッコーゼニト
最近、障害のレースでやたら難波が来るような気がしてるんだが。昔は黒岩を無条件で押さえていたけど今の旬は難波か。
新潟ジャンプSでは大マクリでエイシンホワイティを慌てさせた脚は使いどころが合えば重賞でも通用するはず。
△レッドアーヴィング
スンナリ逃げられれば前走のような競馬もできるが、途中で絡まれると途端にやる気を無くしてしまう困ったちゃん。
マクリ型の馬が多いので向正面までリードを保っていられるかが課題だが、高速馬場を味方にハイペースの逃げを打てたら或いは。


ファンタジーS
◎レオパルディナ
どうしてもこの馬を見ると「レオ」の冠なのに関西馬なの?と勘違いしてしまう。
小倉2歳Sは勝ったと思ったところをオーミアリスに持っていかれてしまったが、前に行きたい馬だらけの中で番手から最後まで走っていたのは好感が持てる。父もデインヒル系なら時計勝負は望むところだろうしGI前までなら。
○ダノングラシアス
りんどう賞は後方から勝ち馬と同じように伸びてきたものの僅かに届かず。脚色が変わらなかっただけに一瞬の反応に差が出た。
マンハッタンカフェ産駒だけに1400の切れ味勝負は分が悪そうなので、インで蓄めるか早めに動くか工夫がほしい。
▲ニューエディション
今回のメンバーでは珍しく1600経験がある馬で、以前はデイリー杯2歳Sからの参戦があったので来年以降も距離短縮の馬は少なくなりそう。
未勝利戦はハイペースながら中が緩んでゴールまでラップが速くなる特殊レースに対応したし、重賞でいきなり厳しい展開になっても平気なのでは。
△ルアンジュ
新馬戦は11秒台が続いて最後は13秒台まで落っこちる消耗戦。こういう展開でこそ父マンハッタンカフェは活きる。
姉もブライアンズタイム産駒ながら1400以下を得意にしていたし、先手を奪ってスタミナ比べに持ち込みたい。


京王杯2歳S
◎ニシノラッシュ
新潟2歳S3着の実力は伊達ではなく、くるみ賞は並み居る追い込み馬たちを番手から押し切って完封してみせた。
今回もアクティブミノルが引っ張る展開を見ながらになりそうで、また追い込み馬も多いので前走の再現があっても。
○ロンバルディア
新馬戦は好位追走から抜け出せたが、休み明けの前走は馬体重もプラス14キロでスタートもモッサリとしてしまい4着だった。
一つ使ったことでピリッとしてくれば再び先行はできるだろうから、外から強気に割って入る競馬をしてみたい。
▲オープンザウェイ
いちょうSではゴール前の熾烈な2着争いの一角に加わって4着。さすが追い込み不利の函館1200を追い込みで勝ち上がっただけのことはある。
ヨハネスブルグ産駒なので1ハロンでも距離が短縮されるほうがいいだろうから、1400に替わることでテンに置いていかれなければ。
△コウソクコーナー
名前と父サクラバクシンオーらしく新馬戦は楽に突破したが、昇級してからの2戦はやや大事に乗りすぎてどっち付かずの内容。もっと派手に乗り回すくらいで丁度いいかも。
2歳重賞が乱立して頭数が揃わないのは欧州競馬で十分。来年はダート1600に変更しようぜ。


JBCデーまでの成績 4/116 ‐184560円】返還5400円


明日まで>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク