パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(アルゼンチン共和国杯&みやこS編)

雨が降る~


商品は来ない~
どのみち天気が悪いと仕事にならない業界ですので別に気にならないというか僕はほとんど見てるだけ。
職人の仕事場に素人が首突っ込んでも仕方ないんでさぁ。


アルゼンチン共和国杯
◎クリールカイザー
OPクラスに上がっては跳ね返されてを繰り返しながら1600万との壁に苦しんできた馬。だが、今年はここまで掲示板外がなくいよいよ本格化したかも。
新潟2200で3着だったようにジリジリとバテない末脚は半端な距離でこそ真価を発揮するので後ろすぎない中団でジックリ構えたい。
○アドマイヤケルソ
アドマイヤドン産駒だからダート得意と思いきや、芝に替わって追い込みで結果を出した変わり種。母がアドマイヤフジの半姉だし芝でもやれる下地があったということか。
テンが遅いので確実に後ろからになりそうなのが気掛かりだが、天気が悪くなれば台頭してもおかしくない。
▲スーパームーン
藤沢和厩舎とあって人気先行したり、長期休養があったりして出世に時間を掛けたがブライアンズタイム産駒だしここからが本番だと思いたい。
重賞は札幌記念で大敗したが、今回のメンバーとは条件戦時代に対戦したこともある顔馴染みに近いので気後れはしないはず。
△ネオブラックダイヤ
しばらく大敗が続いていたが着順ほどひどい負け方をしているわけではなく、展開のアヤで結果的に合わなかった感じか。
前走は逃げ切りだが、特別逃げなければ勝負にならない馬ではないので当日の馬場状態と相談しながら作戦を決められるのは強み。


みやこS
◎ニホンピロアワーズ
帝王賞では4着に敗れたが、上位2頭はJBCでも結果を出していてまだまだ世代交代には早すぎるといった雰囲気。
アンタレスSでも好位に取り付ける力を持っていたし中央の速い流れに対応できるなら普通に勝ち負け。
○ソロル
ここ2戦は中途半端な競馬なのと、馬体重のベストを陣営が計りかねて乱高下させてしまったのが重なって大敗してしまった。今まで通り溜める競馬と480キロ台なら巻き返せる。
雨が降って内枠だけに砂を被る形でやる気を削がれなければ。
▲クリノスターオー
今年のダート路線一番の上がり馬で、人気も徐々に上がっていきとうとう1番人気。
ただ、みんなが実力を認めて周りからもマークされる立場になったときに同じ走りができるのか。この血統だけに気楽な人気の時が走りやすそうだが。
△アスカノロマン
カゼノコはJBCで赤っ恥に終わったが、イスラボニータは天皇賞・秋で3着、ミッキーアイルがスワンSを制していて世代的には古馬相手でも申し分ない成績を残している。
この馬も同世代相手に取りこぼしたが古馬相手の1000万・1600万を突破したし、より厳しい流れのほうが競馬がしやすいのかも。あとは大外枠を太宰が乗りこなせるか。


京王杯2歳Sまでの成績 4/119 ‐191760円】返還5400円


メインは買い出し>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク