パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(武蔵野S&デイリー杯2歳S編)

禁断症状


先週、土日とも休日出勤して競馬を一切見なかっただけで1ヶ月はやらなかったような気分。
そしてレープロを取った途端、別に先週いなかっただけだなと我に返る。


武蔵野S
◎エアハリファ
3歳時にはホッコータルマエらと接戦を演じていた馬で、休む前のアハルテケSではベストウォーリアを撃破。地方GIなら既に勝負できるだけの実力を有してると言っていい。
父がストームキャット系なので1800では頼りないが、芝よりの東京ダート1600ならスピードも活きるし鞍上以外は好材料だらけ。
○キョウワダッフィー
ダート替わりしてからずっと3着以内が続いている馬で前走では重賞でもいきなり2着。格が上がっても気にしないあたりキングカメハメハ産駒らしい。
1200~1400ばかり使われていて1600に距離延長なのが気になるが、母系はブライアンズタイム×イルドブルボンなら2800時代の東京大賞典でも走らせたいくらいなので克服も可能なはず。
▲タールタン
徹底した逃げ馬や追い込み馬が多いダート路線では珍しい好位抜け出しタイプで、それだけにここまで取りこぼしも散見されたがようやくOPに定着。
エーピーインディ系だが高齢になってもしぶといタピット産駒で、そろそろエンジンが掛かってきたなら正攻法で頑張ってきた成果が発揮されても。
△ロイヤルクレスト
マリーンSではサンビスタ、実は条件時代にもワイルドフラッパーに勝った実績があるレディキラー。書き方がエロイな。
芝でもセントライト記念に出ていた馬だが、JBCを見てもロージズインメイはやっぱりダート種牡馬なんじゃないですかね…。


デイリー杯2歳S
◎アルマワイオリ
だからJRAさんよぉ…作ればいいってもんじゃないんだよ、9頭立ての重賞とか存在させるな。
札幌2歳S敗戦組は500万を人気で吹っ飛ぶかしっかり勝ち切るかのどっちかで、こちらは勝ち切れたし母も2歳女王スエヒロジョウオーの娘とあれば注目されすぎない内が華。
○ナヴィオン
もう福永の馬になってやんの。的場も辛いな。
後方からの切れ味はメンバー屈指なのは間違いないが、このところ福永がやけに通るところに拘り過ぎて前が詰まって届かないみたいなことをよくやらかすのでここでも警戒。
▲ケツァルテナンゴ
チチカステナンゴ産駒の扱い方を調教師がわかってきた頃にいなくなる。死んだ種牡馬の仔は走るのもそういうところに原因があるのかも。
中京2歳Sはレベルが高いとは思わなかったが、馬体重マイナス16キロで勝てたわけだしこの馬自身の能力ならまだ見限らないほうが良さそう。
△グレイスフルワード
新馬戦は牝馬限定ながら先行して上がり最速にまとめる好内容。たいてい後方から追い込んだだけの馬が上がり最速になることが多い中でこれなら勝ち時計を無視しても評価できる。
いきなり重賞と言っても重賞と名乗っていいレースじゃないし連チャンがあっても。


みやこSまでの成績 4/121 ‐196560円】返還5400円


はぁはぁ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク