パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ジャパンカップ&京阪杯編)

国内組か海外帰りか


GI馬が半数を占めるだけに人気も割れて楽しみも多いジャパンカップながら、やっぱりここに海外のトップホースがいれば…と思わずにはいられない。
香港Cには遠征してくる海外馬もいるし、ジャパンカップを2000m・天皇賞秋を2400mにしてアジアGI2連戦シリーズにしたら増えるかしら?
いや、有馬記念に出る日本馬が減るか。


ジャパンカップ
◎ジェンティルドンナ
終わった終わったと言われながら天皇賞・秋でも最後にスピルバーグに出し抜けを食らっただけの2着。一番強い競馬をしていたのは間違いない。
恐らくラストランになる公算が高いだけに得意の東京2400で有終の美を飾ってほしい。
○イスラボニータ
天皇賞・秋では先行して粘りこむいつもの競馬ができたが、いつもの通り一歩届かず。結局フジキセキ産駒そのものじゃないか!
こういう馬の取り扱いが非常に難解だが、ドリームパスポートでも2着に来ていたし再び見せ場があるかも。
▲ハープスター
凱旋門賞では1頭だけどこ通ってるんだという場所を爆走しててちょっと面白かった。川田もフランスまで行って体を張った笑いを取るとは、やるな。
冗談はこれくらいにして、今のジェンティルドンナを後方からぶった切ることができるのは彼女だけだと思う。
△アップウィズザバーズ
ストームキャット×シーキングザゴールドというバリバリのアメリカンダート血統だが、何故かGI勝ちは芝。
そろそろジャパンカップで穴を開けるのはカナダ馬じゃないかと思うのと、芝1800で1分44秒台の持ち時計なら日本特有の芝の速さに戸惑うこともないはず。


京阪杯
◎ヘニーハウンド
3歳春で消費期限を迎えるヘニーヒューズ産駒だけにもうほっといても問題ないだろうと思いきや、前走の勝ち時計1分6秒台!?何があった…。
連チャンで重賞でも出番があるのか微妙なところだが、内枠に入れたし中で我慢が利けば同じ脚が使えても。
○ワキノブレイブ
後方からになってしまった北九州記念を除けば1200路線のOPでも顔を出せるようになった新鋭。マイネルラヴ産駒らしい詰めの甘さは残るが、何とか安定感に変えたい。
前に行きたい馬が多いので出負けしないようスタートに気を付けたい。
▲アルマリンピア
最後に差してくる力はあるものの、OPクラスになるとうまく溜めを作れないと届かないマクられるで成績も安定しない。母父ブライアンズタイムだし前々勝負でもいいと思うが。
2着が多い成績だけに何か変わるような切っ掛けみたいなものがあれば。
△サドンストーム
すっかりこのクラスでは古参になりつつあるが、追い込み一手で時計が速くなるとすぐ出番がなくなるのがネック。好きな馬だけに頑張ってほしい。
前が速くなっても前崩れになりにくいコースなので、出遅れてでも内に潜るか大外ブンマクリで先頭に躍り出る競馬ができれば。


京都2歳Sまでの成績 4/128 ‐213360円】返還5400円


芝を海外に合わせるか>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク