パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(ステイヤーズS&金鯱賞編)

12月反攻


先週のジャパンカップでわかったが(今ごろ…)このアンポンタンな腐れ脳ミソで考えた予想では当たらないので、人気馬の中から本当は買いたくない馬を選べば当たるんじゃないか実験をここでも展開。
と思ったが中京が雪の関係で前売り中止。ガッデーム!


ステイヤーズS
◎モビール
アルゼンチン共和国杯は中団追走から付いていっただけという競馬だったが、もともと斬れるタイプのハーツクライ産駒でもなく好走する時は必ず番手競馬なので近走はすべてノーカウントでいい。
後方マクリでも使える脚は短めなので、ようやく復帰した後藤に一発何か仕掛けてもらいたい。
○ホッコーブレーヴ
前走は1番人気に推されて勝ち馬と同じように位置からスパートを開始したが伸び切れず。人気に堂々と応えるキャラでも東京で上がり最速を叩きだすキャラでもなかった。
少し人気が落ちた頃が狙い目になる血統だろうから、日経賞の時と同様に直線まで死んだ振りの競馬ができれば。
▲デスペラード
使うほどに馬体重がズンズン減っていく馬で、最近で好走したのは490キロ台がほとんどなのでだいぶ細いとも言える。
遠征で再び減るようなら厳しいかもしれないが、ふっくらしてくるようなら得意の舞台だし復活してもおかしくない。
△ネオブラックダイヤ
ずっとシンガリ人気と着順を繰り返していたのが2走前に逃げ切ってから様相が一変。前走も作戦は無謀ながら最後まで諦めずに差を詰めに来ていたし、かなりやる気を取り戻している気配を感じられる。
あとはゼンノロブロイ産駒自体が3000以上に勝ち鞍がないので頭まで来るかどうか。


金鯱賞
◎ラブリーデイ
アルゼンチン共和国杯・目黒記念と長距離で人気を裏切る競馬が続いているが、やっぱりキングカメハメハはマイル以下がベストだと思う。案外シルクロードS→高松宮記念辺り使ったら圧勝するんじゃないか。
それだけに1ハロンでも短いほうが有利な気がするので外枠を克服すれば。
○ラストインパクト
天皇賞・春路線では脇役にしかなれなかったが、夏に復帰してからは順調に上昇カーブを描いて京都大賞典も勝利。ジャパンカップに行くのかと思ったが随分と慎重にレースを選ぶもんだ、川田への配慮か?
小倉なら向正面からのマクリができるが、中京だとゆっくり構えて差し損ねる危険性があるので開幕週の芝に注意したい。
▲クランモンタナ
若い頃は気にせず走っていたが歳を経るごとに左回りで成績が安定しだしたのはさすが母父トニービンと言ったところか。
オールカマーはペースアップで一度下がってしまったのがすべてで、一本調子でしか走れないだけにここも揉まれない位置からスムーズに捌きたい。
△ニューダイナスティ
実力はあるんだろうけど逃げなのか差しなのかイマイチ固まらないままズルズルと日にちだけが過ぎ去ったような馬。とりあえずお行儀の良い競馬が似合わないのはわかった。
酒井を乗せてきたのも大逃げを企んでいるような気がするので、思惑通りの作戦になれば。


ジャパンカップまでの成績 4/130 ‐218160円】返還5400円


黒字転換貫徹!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク