パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(チャレンジC編)

朝日がない


何かレース名が見慣れないなぁと思ったら朝日新聞の冠がなくなってたこのレース。
せっかくだから他の新聞社にスポンサーになってもらえばなんて考えたが、聖教チャレンジCとか日々木材新聞チャレンジCとかはダメだ。


チャレンジC
◎スマートレイアー
エリザベス女王杯では今まで通りの追い込みに賭けたが、番手に付けた馬だけで決まる展開に泣いて後方まま。追い込み馬の宿命だが割り切っている以上は仕方ない。
今回もエイシンヒカリの出方次第だが、馬群がバラけて捌きやすくなるだろうから前が止まる展開になってくれたら。
○フルーキー
掲示板を外したのは明らかに距離が長すぎた菊花賞だけで、それ以外は4着が1度だけという堅実派。1年ぶりの休養明けをものともせず連勝を飾って再びOPに伸し上がってきた。
ダンチヒ系のリダウツチョイスだけに時計勝負は望むところだろうし、壁に当たるまではイケイケの系統だけにここでも。
▲エイシンヒカリ
4月にデビューしてから無傷の5連勝。遅咲きの…ってストームバード×カロの母系で遅咲き…?
逃げて上がり32秒台を叩きだす脚を繰り出されたら一溜まりもないだろうが、重賞クラスがチラホラいるメンバー相手にどこまでやれるかの試金石。
△シゲルササグリ
OPでは苦戦が続いているが重賞でも5着があるように、まったく通用していないわけではない。上がりに限界があるようなので京都よりは阪神向きだろう。
それでもパンパンの良馬場では厳しいだろうが、やや渋った今の芝で上がりが35秒台後半になれば出番があっても。


チャンピオンズCまでの成績 4/133 ‐225360円】返還5400円


歴史はすごいGⅢ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク