パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(中山大障害&愛知杯編)

GIなのにぃ


土曜日にGIはやめようぜ。仕事だってばよ。
騎手も昔「勝っても明日も競馬があるから祝勝会に出られない」って苦情があったじゃない。
思い切って有馬記念の前のレースにしてダブルGI開催とかしねぇ?熊沢騎手連勝とか見たくね?


中山大障害
◎サンレイデューク
前走はブービー人気ながら中団追走から見事に差し切り。デュランダル産駒で、あまり障害に馴染みのない血統が隠れ蓑になってる感じ。
今年3月には中山OP2着から中山GJ5着と、東京ほどではないが走れないコースでもないし一発を狙うならここかも。
○バアゼルリバー
昨年はGI2つでいずれも1番人気を裏切ってしまい、またもビッグタイトルに手が届かなかった。
約1年ぶりの前走は平地だったので仕上がり具合が計りにくいのが難点だが、こういう使い方はもう慣れているだろうし一昨年には2着に来たレースなので再度注意。
▲アポロマーベリック
昨年の勝ち馬で春の中山GJも制したが、この秋は復帰戦で逃げ潰れ前走はダート平地。順調さを欠いているのが昨年とは違うところ。
近年で連覇したのはキングジョイだけで、障害も以前のようにスタミナ種牡馬産駒を使えばいいだけのレースではなくなったので相性の良さに賭けたい。
△オースミムーン
ようやくスランプを脱出したようで、前走は昨年の勢いを思い出させるような逃走劇。気分よく走れば簡単には止められないスピードは周りには脅威。
大障害コースで調子を崩しただけにトラウマになってないかが心配ながら、逃げたいケイアイドウソジンとの兼ね合い次第では粘りこみも。


愛知杯
◎アイスフォーリス
一昨年のオークス3着馬だがその後は随分と遠回りをしてきた。まぁ母父クロフネだし2000までだったというオチか。
左回りの2000で2勝を挙げて再昇級で、2年前のこのレース4着とコース経験もあるならGIを勝って好調の三浦が今週もイケるかも。
○シャトーブランシュ
こちらも昨年は秋華賞に出た実力馬だったがクラス落ちしてから自己条件に苦しんだ。夏の小倉で復活したようにひょっとしたら単に暑い時期が得意なだけなのかも。
これまではずっと番手競馬ばかりだったが、前走で追い込みでも競馬ができたことがプラスに出れば。
▲フーラブライド
エリザベス女王杯は先行馬が残る展開の中を伸びてきたが4着まで。GIを獲るなら最適な条件だっただけに痛かった。
今回のメンバーでは実績上位なのにやや人気薄なのは酒井とゴールドアリュール産駒のなせる技。1番人気に応える人馬ではないし穴人気の時こそ買い時。
△キャトルフィーユ
前走は先行勢に有利な展開で直線までの手応えも悪くなかったがそこまで伸びず。距離が長いのか単に実力か。
それでも掲示板を死守した辺りは充実期を迎えているからだろうし、人気どころに追い込み馬が多い今回なら逃げ馬の後ろをコソッと付いていけば前進も。


全日本2歳優駿までの成績 4/137 ‐234960円】返還5400円


大障害のファンファーレがお気に入り>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク