パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(阪神C&明日のホープフルS編)

クリスマスプレゼント


黒田カープ復帰!?
もう単なるポーズだけの風物詩だと諦めていたが、まさか20億を蹴ってまで4億のカープを選ぶとは…。税金とか大丈夫なんだろうか?
とりあえずマエケンがカープにいる間に戻ってきてくれた…と言うか、マエケンが残留を決めたから優勝の目があると見て戻ってきてくれたような気がする。


阪神C
◎コパノリチャード
高松宮記念を勝ったことで下手な競馬ができなくなりGIにこだわるレース選択で不可解な大敗を喫したが、スプリンターズSはコンマ4秒差。前走は初めての地方ダートでやむを得ない感はあった。
過去にも3秒近い大敗からスワンSを制しているし、少しでも楽な条件に変わればガラリ一変も。
○ホエールキャプチャ
エリザベス女王杯は惨敗だったが、そもそもクロフネ産駒で1度も2200以上に馬券圏内実績がないわけだから使うほうが悪いわけで。本来はこの距離が仕事場のはず。
G2とは思えないメンバーで簡単ではなさそうだが、桜花賞2着などの阪神実績もあるし捌ければ。
▲クラレント
重賞を連勝した勢いで挑んだマイルCSは大敗。これといった見せ場すら作ることができず、やっぱりこの兄弟にGIは無理なのだろうか。
このレースは2回走って5・3着だが、逃げ馬が揃ってペースが速くなりそうな今回なら頭まで。
△リアルインパクト
半年ぶりだった前走は大幅馬体重増でいかにも休み明けという風体。それでも格好はつける形にするのは腐ってもGI馬。
一叩きされてどこまで変わったかだが、昨年の勝ち馬だしコース相性の良さを活かして今年も激走があれば。


ホープフルS
◎ソールインパクト
未勝利を勝ち上がったばかりの前走はいきなりの重賞ながら3着。新馬戦でミュゼスルタンと接戦だったわけだから地力の高さはやはり備わってる。
母系はダンチヒ×ダマスカスで、どちらかというとダマスカスの粘りが強めに出ている感じなので案外、中山のほうが競馬がしやすいかも。
○ティルナノーグ
京都2歳Sでは断然人気に推されながらブービー。呆気に取られたというか何があったのかと聞きたくなるような敗戦だった。
新馬戦よりも4秒も遅い決着だったし、馬がやる気を削がれていただけならノーカウントでも良さそうだからもう一回だけ騙されてみる。
▲タイセイアプローズ
黄菊賞はシンガリ負けに沈んだが、新馬戦とは真逆の先行を取ってマクリ組にペースを乱されるようでは騎手の責任。浜中にスイッチしたがやむを得ないところだろう。
今回はそれを考えて差しに回るだろうが、外枠の中山2000で悠長に構えていられないだろうから注文を付けた位置に持っていきたい。
△マサハヤドリーム
新馬戦では鮮やかに1番人気馬を差し切ったが、前走は後方まま5着。メイショウサムソン産駒で最後方待機はガラじゃない。
地味な血統から人気はないが中山2000にオペラハウスの血はドンと来いだろうし、人気に応えるようなタイプでもなさそうだから思い切って。


朝日杯FSまでの成績 4/140 ‐242160円】返還5400円


ハァハァ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク