パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(東京大賞典編)


ラストぉ!


盛大にJRAの最終週をハズしていっそ清々しい気分。金の鞍賞も5が抜けてダメ。
そして何が悔しいって我がオカンが有馬記念3連複を当てたこと。
新聞の◎が付いてるのと付いてないのを組み合わせただけで取れたという簡単なお仕事。


東京大賞典
◎ホッコータルマエ
JBCクラシック4着を見たときはドバイのダメージを引き摺っているように感じたが、チャンピオンズCではキッチリ立て直して押し切る強い内容。GIを叩いてGIを獲るのは芝もダートも同じか。
コパノリッキーが2000にやや不安を感じてスローで行きたがればガンガン攻めて潰しに行くだけの勢いが戻ってきたし、ここも勝ち負けを期待。
○ワンダーアキュート
前走は久々の中央ダートGIということもあり、テンに置いていかれ加減で後方から。最後もよく詰めてきたが、さすがにあの流れでは差し馬には厳しい。
それに比べれば同じGIでも流れが落ち着く地方交流は楽な舞台だし、もともと善戦マンだったわけだから相手なりに連軸視。
▲ローマンレジェンド
長らくのスランプから脱出していきなりのGIだったので、やや懐疑的な部分があった前走だが見せ場タップリの3着。一瞬、マクリ切るかと思わせるような脚の速さだった。
エンジンは大きいが掛かるまでに時間が掛かる難点は残っているが、大外枠なら包まれる心配はないので向正面大マクリで場内を沸かせてほしい。
△サミットストーン
浦和記念は中央馬相手に勝てたとはいえメンバーの質はG3以下のレベル。むしろ評価したいのは白山大賞典で、負けたエーシンモアオバーがニホンピロアワーズに競り勝ったのを物差しにすれば3着争いに加われるのではないか?
地方代表はハッピースプリントの雰囲気だが、ここまで3歳ダート馬が体たらくならいっそのことこの馬に託したほうが面白そう。


有馬記念までの成績 4/143 ‐249360円】返還5400円


貧しさに負けた、いいえ欲望に負けた>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク