パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(シンザン記念編)

出ろー


新年2発目。
さっそく金杯を外した(そんな甘くはないのはわかってるけど)が、昨日はJRAガン無視して高知競馬に出向いたがボウズ負け。
まだ初日が出ていないのでこの予想ブログともども初笑いがほしいところ。


シンザン記念
◎クイーンズターフ
ディープインパクト産駒ながらダートの新馬戦でデビューしたが、逃げ粘る馬たちを撫で斬る切れ味で差し切り。母系がブライアンズタイム×ミスタープロスペクターで、ダートもイケる口か。
それでも先週エキストラエンドが馬券に絡んでいたし、京都1600ならディープインパクト産駒は黙って買うべきか。
○ナヴィオン
どう足掻いても後ろからしか競馬ができない高倉健も真っ青な不器用。誰か先行を教えて差し上げろ。
新馬戦を除けばフルゲートで惨敗→頭数減で好走を繰り返しているので、12頭とはいえ少しでも捌きやすくなるのはプラスだろうから何とか届く展開になってくれたら。
▲メイショウマサカゼ
ダートと芝の両方で勝ち鞍があるが、いずれも先手を取れたときが好走パターン。小倉2歳Sとヤマボウシ賞は出遅れてのものだからノーカウントと考えたら、大敗はGIの朝日杯FSだけ。
今回は何が何でも逃げたい馬が見当たらず、人気どころが牽制しあえば500万勝ちの時のようなスイスイ先行も。
△サトノフラム
新馬戦勝ちをしたときは大物候補にも挙げられていたが、その後は2戦連続で見せ場も作れず大敗していて500万で頭打ちの感もある。
それでも重賞に出てきたのは調教師が能力を買ってのものだろうから、新馬戦のようなしぶとい先行をしてくれたら。


中山金杯までの成績 【0/2 ‐4800円】


本人は到って真面目>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク