パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(京都牝馬S編)

古きよき


ダビスタで新作が出たりスマホゲーで競馬ゲームがポコポコ出てきた波動に触発されて僕もダビスタ03ぶりにゲーム購入。ウイポ7、2005年無印980円。
僕の生まれた1984年から史実に沿って展開していくのが楽しいのだが、史実に沿った馬がGIを持っていくのでちょっと不満。
悔しいのでオグリキャップでイギリスダービー勝ったりホクトヘリオスで年度代表馬になったり。


京都牝馬S
◎ウリウリ
昨年の勝ち馬でここをステップにしてヴィクトリアマイル路線に参戦したがGIでは歯が立たず。母父がデピュティミニスター系のディープインパクト産駒は前哨戦までタイプが多い気がする。
昨秋もポツポツとしか使えなかっただけに、ジックリ乗り込んでGⅢのここなら昨年の再現も。
○ベルルミエール
スウェプトオーヴァーボード産駒に川島という組み合わせが地味すぎるのか、成績は悪くないのに1番人気に一度もなったことがない馬。単勝を買う人には嬉しいかも。
勝ち鞍は1400以下ばかりだがNZT3着と牡馬相手に1600重賞で健闘した実績もあるし牝馬だけならもう少しやれるはず。
▲ダンスアミーガ
サクラバクシンオー産駒だが昨春には2000の忘れな草賞を使われたりして出世が遅れた短距離型。と言うか一部の障害馬を除けば芝1200~1600を使う以外の選択肢は存在しない種牡馬だと思うんだ。
個人的には夏にアイビスSDか函館SSに出てきたら本命にしたいので1600で結果を残してほしくないな。
△パワースポット
毎度、後方から脚を伸ばすだけの競馬を続けて着を拾うだけ。展開と馬場が向いた上で自分よりも切れ味が鋭い馬がいないことが勝利条件ではさすがに重賞だと苦しい。
今回も愚直に後からだろうが、外をブン回すよりは内で我慢して捌くほうが好走率は高そうなのでうまく前が開けば。


日経新春杯までの成績 【0/6 ‐14400円】


天皇賞春を勝ったトレードマークって誰…?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク