パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(クイーンC編)

世界は広し


まだまだウイポ7。
怪物オグリキャップがイージーゴアにかなわず、砂の女王ホクトベガがシガーに手も足も出ず、トウケイニセイもライブリマウントでも取れなかったドバイワールドカップをアブクマポーロがスキップアウェイとシルヴァーチャームを向こうに回して勝つ。


クイーンC
◎キャットコイン
ひいらぎ賞は大外枠だったのがあって最後方からの競馬になったが豪快に追い込み勝ち。ハイペースにも助けられたが中山巧者のステイゴールド産駒らしい走りだった。
今回は新馬勝ちした東京1600だが、同条件過去3年500万以上でのステイゴールド3歳牝馬は1勝しかしてないのが気になる要素。
○カービングパス
赤松賞は休み明け、フェアリーSは紛れの多い中山1600。敗因は割とハッキリしてそうなのに人気急落。
それにしても藤沢和厩舎はやけに柴山に乗せてるけど、何の目的があるのだろうか?それとも何か弱味を握られて…深夜のエロ本購入を見つかったとか。
▲ダノングラシアス
りんどう賞→ファンタジーSと連続2着で阪神JFでも期待されたが見せ場なく13着。阪神1600の17番枠でテン乗りの外人がどうこうできるほど甘くはなかった。
一息入れた今回だが、マンハッタンカフェ3歳牝馬は東京1600で過去3年500万以上での勝ち鞍がないのはさらに気掛かり。
△ラクアミ
じゃあ東京1600でどの種牡馬が成績いいんだよ?という話だが、1位は意外にもダイワメジャー。勝ち鞍・勝率ともにディープやキンカメより上。
とはいえこの馬が勝つか?と言われると疑問符なのでとりあえず連下まで。


東京新聞杯までの成績 【0/14 ‐33600円】


南関東も広し>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク