パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(共同通信杯&京都記念編)

首の皮一枚


クイーンCのミッキークイーン2着でどうにかPOGりん終戦記念日にならず。ただ、クラシックには賞金が足りないのでもう一つ使わざるをえないのは痛いところ。
アドマイヤスターはダートで2勝目を挙げられるか。あわよくば兵庫CSに出られるか。
グラブザフラッグがまさか芝で3着になるとは思わなかったが勝つのは厳しそう。
ピックアンドポップは未勝利脱出、ロジャーズスーはまず初出走が目標。
グランデコマンドはもうポイントが取れそうなレースは見当たらず、パイオニアステップは故障で半年休養なのでアウト。
ここからは他の参加者の方々に抜かれる一方だろうから、いつもの15~20位の間に収まるかどうか。


共同通信杯
◎ソールインパクト
ホープフルS・京成杯と一押し足りない競馬が続いているが、ディープインパクト産駒が苦手な中山2000で連続して上がり上位なら頑張ったほう。
馬場的にも東京に替われば変わり身が見込めそうだし、上がり勝負になれば。
○アヴニールマルシェ
こちらは藤沢和厩舎らしい大事に飛び石しながら東京しか使わない馬で、少頭数も歓迎してそう。
久々になるが朝日杯もホープフルSもガン無視してここに焦点を合わせてきてるだろうし、仕上がりは問題ないだろう。
▲ダノンメジャー
スローの上がり勝負しか経験が無い中で挑んだ前走は中団から何もできないまま終了。先行馬が残る展開とはいえあまりにも無策すぎた。
これで失うものは無くなったし、待ってても上では通用しないことも分かったはずだから横山典にスイッチして積極的に仕掛けてくれたら。
△ドゥラメンテ
新馬戦こそ不覚を取ったが未勝利→500万と1秒の差を付ける快勝劇で一躍クラシックの話題馬に伸し上がった。
キングカメハメハ産駒が1600から1ハロン延びるごとに成績が落ちるのと、中1週での強行軍は果たして結果に響くか。


京都記念
◎キズナ
ダービー以降はコンスタントに使えず、怪我もあって苦労したが天皇賞・春も結果的に位置取りが後ろすぎただけで決め手に衰えはなかった。
9ヶ月ぶりで足慣らしの一戦になるが、それでも世界を狙うなら今回のメンバーで無様な競馬はしたくない。
○ハープスター
札幌記念の競馬っぷりは凱旋門賞でもひょっとしたら…と思わせたが動く気配ゼロのまま回ってきただけ。帰国後のジャパンCも案外で疲労が残ってたか。
この後に海外遠征を控えている状況は去年のジェンティルドンナと同じだし、どうも勝ちみに遅い点は気になるところ。
▲トウシンモンステラ
日経新春杯は後方からよく脚を伸ばしたが好位組が上位を独占する展開で作戦負け。それでも久しぶりの重賞で収穫はあったはず。
今回はメンバーに強力な2頭はいるが、頭数は減って捌きやすくなるだろうから勝つなら2頭より早くマクリで動きたい。
△ヒラボクディープ
青葉賞を勝ってクラシックでも期待されたが二桁続き。前から行くのか後ろから行くのか中途半端な競馬が続いてしまった。
菊花賞のダメージを引きずって休み休みになっているが、前走でようやく復調気配なので3着争いの一角に絡んでくれたら。


クイーンCまでの成績 【0/15 ‐36000円】


全馬デビューが無いのは痛い>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク