パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(アーリントンC編)

後藤騎手自殺!?


昨日ニュースで聞いたときはタチの悪いジョークだと思ったが、ヤフーのトップニュースにまで上がってきていて「何で!?」と。
確かに度重なる落馬事故でリハビリが辛かったのもあるだろうがそのたびにターフへ帰ってくる強靱さもあったし、どうも前日に笑顔でツイートしていたという情報もあっただけに何が引き金になったのか…。
ただ、もう元には戻れないだけに本人がどれだけ他人には言えない心の闇を抱えていたのか推し量るしかないのが残念なところ。
アブトロニック巻いてインタビューするほどの男がまさか…です。


アーリントンC
◎アルマワイオリ
今回もさほど人気はないが同条件の朝日杯FS2着で実績は一番手。これが中山1600時代なら真っ先に切るところ。
デイリー杯2歳S4着や札幌2歳S僅差の6着など力負けしているわけではないし、父マツリダゴッホもサンデー系なら開幕週での時計勝負になってもマイナスはないはず。
○ナイトフォックス
サクラバクシンオー産駒を1800でデビューさせる神経が僕には理解できない。実際、距離短縮で勝ち上がってマイルのジュニアC勝ちならベストは1200~1600までだろう。
クリスタルCがあれば黙って本命にしたいくらいだが、橘Sか葵Sだと人気になりすぎそうか。ここで賞金を加算できるかで次走も変わりそう。
▲ナリタスターワン
新馬戦は中団から鮮やかな差し切り、白菊賞は番手から上がり2位の脚を使ってペガサスボスらを完封。逃げ馬が最下位に沈むなかをラスト3ハロンすべて11秒台で上がってみせた。
ショウナンカンプ産駒で地味な分、オッズは動いていないが内容はかなり濃かったし外枠から好発を決めたらアッサリも。
△マテンロウハピネス
新馬戦はダッシュ良くハナに立つと直線では1秒以上突き放す圧勝劇。芝1400で追い込み馬と同じ上がりを使われては後続も為す術が無かった。
今回はいきなりの重賞になるが、福永は番手から行きたいだろうしナヴィオンは後方に構えるだろうから周りがゆったり逃がしてしまうと捕まえるのに苦労しそう。


フェブラリーSまでの成績 【0/20 ‐48000円】


次は北村宏がヤバそう>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク