パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(中山記念&阪急杯編)


独占禁止法


まだまだまだまだウイポ7。
今まで狙ってはみても史実補正の掛かった馬の劇走に阻まれてきたGI独占でしたがようやく達成。
難しいのが天皇賞春・秋でしょっちゅう邪魔されたのが厳しかった。


中山記念
◎イスラボニータ
菊花賞路線をパスして古馬相手の中距離路線に挑戦した昨秋だったが戴冠までとは行かず、本当の一流どころとは実力の差を見せられた格好になった。
明けて復帰戦になるが、頭数も減って捌きやすいし今後GIを狙うなら今回のメンバーに取りこぼしはしたくない。
○ステファノス
クラシックでも皐月賞5着など見せ場はあったが、年明けから使い詰めになったこともありダービートライアルは回避。秋もセントライト記念は4着だったが富士Sを勝って世代の強さを証明した。
今回はそれ以来ということでどの程度、仕上げてきてるかが問題だが次につながる競馬にはしたい。
▲タガノグランパ
昨年の菊花賞4着もあるキングカメハメハ産駒。でもここ2走はマイルで連続10着。実はダンスインザダーク産駒とか?
母系がスペシャルウィーク×グルームダンサーなのが効いてるのかもしれないが、キンカメ産駒の弱点は距離に融通が利くほど上のクラスでは甘くなる点。
△マイネルフロスト
先行すると伸びず差しに回ると最後まで伸びるが、レースの有利不利は逆になる何だかなぁという馬。
今のところ最後に時計が掛かるコースが得意みたいだが、逃げ馬がタイキパーシヴァルだけなのでペースが遅いとまた差し損ねる可能性も。


阪急杯
◎コパノリチャード
JBCスプリント大敗のダメージを懸念された前走だったが、大外枠からポンと出て最後まで惜しい競馬をしての3着。香港スプリントでも目指せば良かったのに。風水的に香港は鬼門とか?
ミッキーアイルが今回は控える競馬を試すそうなので、開幕週の芝をスイスイ逃げられたら。
○ダノンシャーク
昨年は念願のGIを制覇しマイル王として迎え撃つ立場での復帰戦。目標は安田記念なのか結果次第で高松宮記念なのか。
OP入りしてからは阪神で良績がないが、1000万と1600万勝ちは阪神だったし充実した今なら前進も。
▲マジンプロスパー
2012・13年と2年連続で連対した相性の良いレースだが昨年は出走せず。同じ阪神1400でも阪神Cでは結果が出ておらず何が違うのか。
前走のシルクロードSは休み明けで馬体重も大幅増とが重なって見るところはなかったが、一つ叩かれて調子が上向けば得意の舞台で一発あるかも。
△オリービン
OPなら安定して力を出してくれるが重賞になると途端にひ弱な面を見せてしまうOP大将。GⅡまでという馬はよく見るけど。
一昨年にはこのレースでロードカナロアの3着に入ったこともあるし、数少ない重賞実績のある場所ならもう少しやれるはず。


アーリントンCまでの成績 【0/21 ‐50400円】


裏ではアドマイヤベガが凱旋門賞連覇>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク